小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【JAPAN MOBILITY SHOW 2023】トヨタが新発想のBEVコンセプトモデル「KAYOIBAKO」を公開

2023.10.25

トヨタは、10月26日(木)から11月5日(日)にかけて開催されるJAPAN MOBILITY SHOW 2023において、「クルマの未来を変えていこう-Find Your Future」をテーマにブース出展する。

KAYOIBAKO

トヨタブースの出展モデル第2弾として、“好きなときに・好きな場所で・好きなことができる”モビリティの未来を実現するコンセプトモデル「KAYOIBAKO」を公開。ブースでは、「KAYOIBAKO」が、ビジネスからプライベートまで自由に行き来するユーザーのニーズに、どのように応えられるかをショー形式で表現する。

KAYOIBAKO

KAYOIBAKO(カヨイバコ)の主な特徴

拠点間を行き来しながら部品や製品を安全かつ効率的に運ぶ「通い箱」は、適切なサイズでムダがなく、箱の中敷を生産現場ごとに変えることで様々なニーズに対応している。「KAYOIBAKO」はその考え方をコンセプトに織り込みこれからのモビリティのあり方を表現した、新しいコンセプトのコンパクトスペース。

さらにモビリティの「素性の良い原単位」として内外装のパッケージとアフォーダブルさを追求しており、目的に応じて役割を変えることができる「超拡張性能」を備えているため、ベース車両として様々なシーンでのニーズに応えるバッテリーEV(以降、BEV)となる。

また、ソフト面でもハード面でも役割に応じたカスタマイズが可能なBEVという特性を活かして、スマートグリッドなど知能化された社会システムの一部として活躍する。

なお、ビジネスユースにおいては、社会インフラとして様々な課題へのソリューションを提供。例えば、ラストワンマイルの物流課題に対しては、効率的な小口輸送に適したカスタマイズによってスマートな物流の実現に貢献。また、商品陳列棚を設けた移動販売車へのカスタマイズや、座席を増やして乗り合いバスにするなど、地域ごとの困り事にも寄り添う。

そしてプライベートユースにおいては、一人ひとりの趣味嗜好に応じたカスタマイズによって、オンリーワンのモビリティに進化。「こう使いたい」「こんな生活スタイルを送りたい」という多様な思いに応えるのはもちろん、例えば、車いすを利用する方でも乗り込みやすく、運転席に移動しやすい設計にするなど、“移動の自由”の提供にも貢献する。

【主要諸元】

全長(mm)/全幅(mm)/全高(mm):3,990/1,790/1,855
室内長(mm)/室内幅(mm)/室内高(mm):3,127/1,485/1,437
ホイールベース(mm):2,800

関連情報:https://global.toyota/jp/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。