小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

〝神ジューデンスマホ〟第2弾がXiaomi、OPPOから登場!最近よく聞く「急速充電」は本当に必要なのか?

2023.10.24

スマートフォンにおいて、バッテリー機能の強化はとても重要です。どれだけ優秀なカメラやディスプレイを搭載していようと、電池があまり持たないデバイスでは、使用感を大きく損なってしまうでしょう。

そこで多くのスマートフォンに搭載されているのが、「急速充電」という機能。〝どれくらいの速度〟といった定義はあいまいなものの、一般的な充電よりも速く充電できるため、便利な機能として注目されています。

ソフトバンクでは、急速充電に対応したスマートフォンの中でも、かなり短い時間で充電ができるスマートフォンを「神ジューデン」とし、2022年12月に第1弾製品の「Xiaomi 12T Pro」を発売しています。

そして、神ジューデンスマートフォンの第2弾製品として発表されたのが、「Xiaomi 13T Pro」と「OPPO Reno10 Pro 5G」の2製品。そこで、2製品の発表会の様子と共に、スマートフォンの充電の在り方について考えていきます。

Xiaomi 13T Pro

OPPO Reno10 Pro 5G

神ジューデンスマホ2製品はいずれも30分以内にフルチャージができる

神ジューデンスマートフォンの第1弾として発売されているXiaomi 12T Pro、今回登場したXiaomi 13T Proは、いずれもフル充電までの時間が約19分(1%→100%)、新たに登場したOPPO Reno10 Pro 5Gはフル充電まで約28分(2%→100%)となっています。

Xiaomi 13T Proは120W、OPPO Reno10 Pro 5Gは80Wに対応となっており、純粋な充電速度という意味でいえば、Xiaomi 13T Proのほうが高速。一方、OPPO Reno10 Pro 5Gには、バッテリーの寿命を長期化するための「BHE(バッテリーヘルスエンジン)」というものが搭載されており、約4年間使用しても、バッテリー最大容量を80%以上に保つことができるとのこと。

OPPO Reno10 Pro 5Gの発表会では、「電池残量を気にするストレスから解放される」と話されているように、短い隙間時間で100%近くまで充電できるようになるのは快適。急速充電機能は、ライフスタイルを変えることができる、重要な機能という見方もできるでしょう。

なお、急速充電機能を利用するためには、対応しているACアダプターやケーブルが必要になります。両製品とも、同梱されているものを使用すればOKですが、自宅用、移動用のように、複数の充電器で急速充電を利用したい場合には、別途購入する必要があります。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。