小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

HyperXがソニー製のセンサーを搭載した4K対応のWebカメラ「Vision S」など3製品を発表

2023.10.24

HyperXは、Webカメラ「HyperX Vision S」、オーディオインターフェース「HyperX Audio Mixer」、ゲーミングコントローラー「HyperX Clutch Gladiate RGB」を発表した。

「HyperX Vision S」と「HyperX Clutch Gladiate RGB」が10月26日発売予定で、「HyperX Audio Mixer」は現在のところ未定。価格は「HyperX Vision S」が33,980円、「HyperX Audio Mixer」が27,980円、「HyperX Clutch Gladiate RGB」が5,980円。

HyperX Vision S

ストリーミングやコンテンツ制作のエクスペリエンスを向上させるために設計したという同社初のWebカメラ。Sony Starvis 8MPセンサーを搭載し、最大4K解像度の高品質な動画をキャプチャしてストリーミングすることができる。

また、90度の視野とレスポンス性の高いオートフォーカスに対応するうえ、低照度条件でも鮮やかな色を再現することが可能。さらに、フルアルミニウムボディと耐久性に優れた5G2P構造レンズを採用し、レンズを清潔に保つためのマグネット式プライバシーカバーも搭載する。

このほか、チルト機能とスイベル機能も装備し、カメラの位置を簡単に調整することが可能。NGENUITY2ソフトウェアにも対応しており、視覚設定を簡単にカスタマイズできる。

本体サイズは45×93.3×61.92mm、重量は314g(ケーブル含む)。対応OSはWindows 10、Windows 11、mac OS 10.10以降、Chrome OS。インターフェイスはUSB-C。

HyperX Audio Mixer

24bit/96kHzオーディオに対応するオーディオミキサー。48Vファンタム電源を備えたXLR入力を搭載するほか、ダイレクトモニタリング機能も装備する。

また、3系統のオーディオ入力に対応したレベルフェーダー、ライン主力とヘッドホン出力用の音量ノブ、ミュートボタンにより、シンプルで直感的な操作が可能。さらに、ソフトウェアをインストールせずに使用できる、プラグアンドプレイ接続を提供する。

本体サイズは144×140×59mm、重量は486g(ミキサーのみ)。対応OSはMicrosoft Windows 10(バージョン1703)以降、macOS。インターフェイスはXLR 1/4TRSコンボジャック、3.5mmマイク入力、3.5mmライン入力、3.5mmヘッドホン出力、3.5mmライン出力、USB-Cなど。

HyperX Clutch Gladiate RGB

頑丈なデュアルランブルモーターと触知性グリップを備えた有線タイプのゲーミングコントローラー。可変触知性フィードバックを提供するインパルストリガーを搭載するほか、カスタマイズ可能なRGBライティング機能も装備する。

本体サイズは155×110.56×64.68mm、重量は290g(ケーブル含む)。対応デバイスはXbox Series X/S、Xbox One、PC。インターフェイスはUSB-C、3.5mmステレオジャック。ケーブル長は2.95m(ケーブルは取り外し可能)。

関連情報
https://hyperx.com/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。