小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

JTが本社に呼吸するクッションと深呼吸サポートツールが体験できるスペース「呼吸する休憩所」を設置

2023.10.20

JT は、JT Group Purpose「心の豊かさを、もっと。」をテーマに、「呼吸する休憩所」を10月23日から10月31日まで JT 本社に設置し、運用を開始する。

「呼吸する休憩所」は、JT のコーポレート R&D 組織、D–LAB(ディーラボ)とユカイ工学、博報堂が共同開発した呼吸するクッション「fufuly(フフリー)」と、JT の連結子会社、BREATHERが製造、販売する深呼吸習慣化デバイス「ston s(ストンエス)」を体験できる場。

この機会を通じて、JT の従業員に新しい休憩の仕方を提案し、業務の合間の適切な休憩を促すことを目的としているという。

また、「呼吸する休憩所」については、先日、開催された「日本科学振興協会年次大会 2023」や「Age Well Japan2023」にて設置し、来場した多くの人に新しい休憩の仕方を体験してもらった。

なお「fufuly(フフリー)」については、CEATEC 2023 へ出展し、同時に Kickstarter を通じたクラウドファンディングも開始する。

JT は、JT グループが未来において社会から求められ、かつ、長期にわたり価値を発揮し続けるべき領域を「心の豊かさ」と考え、将来的には、この「心の豊かさ」領域において貢献し続けたいという思いから、2023年2月にJT GroupPurpose「心の豊かさを、もっと。」を策定した。

今回の「呼吸する休憩所」の取り組みは、「今日もよい 1 日だった」と感じられる心豊かな社会のための第一歩と考えているという。

呼吸するクッション「fufuly(フフリー)」とは

抱きかかえて使う呼吸誘導型のロボットクッションであり、「呼吸の引き込み現象*1」に注目し、まるで呼吸をするように膨らんだり縮んだりするテクノロジーを活用している。

このクッションはJT、ユカイ工学、博報堂が開発し、商品化を目指すプロジェクトから生まれた。

参考にした研究*2では、実験装置の動きに合わせて、呼吸のリズムと深さが誘導されることが確認されている。

*1 動物が呼吸するとき、触れ合っている仲間の呼吸につられるという現象。
*2 Yuki Ban, Hiroyuki Karasawa, Rui Fukui, Shin’ichi Warisawa:
Development of a Cushion-Shaped Device to Induce Respiratory Rhythm and Depth for Enhanced Relaxation and Improved Cognition. Frontiers Comput. Sci. 4: 770701 (2022)

また、「fufuly(フフリー)」は2023年10月17日(火)より、Kickstarterを通じてクラウドファンディングを開始。CES 2023ではコンセプトモデルを発表し、「CES2023イノベーションアワード」を受賞。この度、ユカイ工学を通じて、待望のクラウドファンディングの実施を決定した。

https://fufuly.jp/

https://www.kickstarter.com/projects/yukaienginnering/fufuly-robotic-cushion-with-a-deep-breathing-technology

深呼吸サポートツール「ston s(ストン エス)」とは

ston s(ストン エス)※3は、吸い込むとカートリッジ内のリキッドが熱せられ、蒸気が発生。発生する蒸気からフレーバーを楽しむことができると共にカフェインやGABAを吸引できる、ひと休みをアップデートする深呼吸習慣化デバイスであり、新しい休憩体験を提供するために生まれた。

充電不要でスイッチもなく、気軽に使えて、深呼吸の習慣化に役立つ。約400回の吸引※4が可能なこの商品は、「頑張る人のひと休みをアップデートする」ことを目的に、JTの連結会社であるBREATHERが独自の技術を用いて開発し、2022年2月より販売している。

*3 ston s(ストン エス)はニコチンやタールを含まない深呼吸サポートツール。
*4 吸引回数は吸い方により異なる。

https://official-store.breather.co.jp/products/ston-s/

構成/ob1

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。