小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

画像やテキストから音声、ビデオ、3Dへ!「Adobe MAX 2023」から読み解くAI×クリエイティブの最前線

2023.10.18

アドビが毎年開催しているクリエイター向けの祭典「Adobe MAX 2023」が、現地時間の10月10日、11日の2日間、米ロサンゼルスで開催された。PhotoshopやIllustrator、Premiere Proから、オンラインで使えるAdobe Expressまで、製品のアップデートが多数発表されたが、その話題の中心は生成AI「Adobe Firefly」に代表されるAIだった。

米ロサンゼルスで開催された「Adobe MAX 2023」のプレスツアーに参加。現地で取材した。

次世代のAIモデルとして「Adobe Firefly Image 2 Model」の提供開始を発表

Photoshopベータ版で提供された、背景を自在に作成できる「生成塗りつぶし」や「生成拡張」機能が注目を集め、9月にはWebで利用できるサービスの提供も開始された「Adobe Firefly」。AIの学習データとして、同社のストックフォトサービス「Adobe Stock」の承諾済みデータを用いているため、生成されたコンテンツを商用利用しやすいのが特徴だ。同社デジタルメディア事業部門代表のデイビッド・ワドワーニ氏によれば、すでに30億枚を超える画像が生成されているという。

「Adobe Firefly」一色だった今年のMAX。日本では11月16日に東京ビッグサイトで開催される。

アドビは現在提供している「Adobe Firefly」の解像度やアルゴリズムを、さらに進化させた次世代のAIモデルとして「Adobe Firefly Image 2 Model」の提供開始を発表。さらに、単純にテキストから画像を生成できるだけじゃない、新たな生成AIモデル「Adobe Firefly Vector Model」と「Adobe Firefly Design Model」も発表した。

「Adobe Firefly Image 2 Model」では、「生成マッチ」という新しい機能も利用できる。これは任意の画像を指定することで、生成する画像のスタイルや雰囲気を一定のトーンに揃えられるというもの。この機能を使えば雰囲気の統一されたコンテンツを、多数生成することも可能になる。

「Adobe Firefly Vector Model」は、Illustratorに新機能「テキストからベクター生成」として組み込まれる。文字通り、イラスト、アイコン、文字、パターンなど、Illustratorで取り扱えるベクターグラフィックスを、テキストから生成できるというもの。ベクターグラフィックスなので、生成したコンテンツをベースに、大きさや形、色などを自由に変更できる。

「Adobe Firefly Design Model」は、Adobe Expressの新機能「テキストからテンプレート生成」で提供される。「Adobe Firefly Image Model」、Adobe Stock、Adobe Fontsを組み合わせたデザインテンプレートを、テキストから生成可能。印刷物からWeb広告、SNSまで、いろいろなコンテンツ制作のベースに使えるテンプレートを生成できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。