小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

画期的な新薬として注目を集めるアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」の効果とは?

2023.10.19

レカネマブ

 エーザイと米・バイオジェンが開発した『レカネマブ』が、画期的な新薬だとして注目を集めている。どのような薬なのか、エーザイ・PR部の担当者に話を聞いた。

「認知症には様々な種類がある中で、最も罹患率が高いのがアルツハイマー型認知症です。症状が出る10~20年くらい前から『アミロイドβ』や『タウ』という名前の特殊なたんぱく質が脳内にたまり、傷つけ、死滅させていくことで、認知機能が落ちていくと考えられています。『レカネマブ』は『アミロイドβ』の除去効果がある新薬です。認知機能の悪化を抑制し、進行を緩やかにすると期待されています」

 従来のアルツハイマー病治療薬は、脳内の信号の伝達を活性化させ症状の一時的な改善を図る。これに対し『レカネマブ』は、作用する仕組みが根本的に異なる。

「現段階で『レカネマブ』の投与を受けられるのは、日常生活に支障がないアルツハイマー病による軽度認知障害と軽度の認知症の方に限られます」(エーザイ担当者)

 厚労省の専門部会は8月21日に『レカネマブ』の製造・販売を了承。これを受け、近日中に正式に承認される見込みだ。

 長寿化に伴い、アルツハイマー病の患者は世界中で急増している。初期段階の進行抑制効果だけではなく、より早期に投与することによる、予防薬としての効果も期待したい。

レカネマブ米国では7月6日に正式承認され、多くの人が使える環境が一足先に整いつつある(写真は米国で発売される点滴製剤)。

次世代のAD病態改善薬の認知機能低下抑制効果のイメージ

次世代のAD病態改善薬の認知機能低下抑制効果のイメージ『レカネマブ』は次世代のAD病態(アルツハイマー病)改善薬として期待が高まっている。

取材・文/田村菜津季

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。