小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

三菱電機が食品や食器をちょい置きできるフルフラットトップテーブルを搭載した2ドア冷凍冷蔵庫を発売

2023.10.17

三菱電機は、2ドア冷凍冷蔵庫の新製品として「Pシリーズ(MR-P17J/MR-15J)」を10月20日に発売する。価格はいずれもオープン。市場想定価格は「MR-P17J」(定格内容積168L)が80,300円前後、「MR-15J」(定格内容積146L)が69,300円前後。カラーはどちらもマットホワイトとマットチャコールの2色を用意する。

↑「MR-P17J」

↑「MR-15J」

「Pシリーズ(MR-P17J/ MR-15J)」は、利便性や清潔性を追求した単身世帯向け2ドア冷凍冷蔵庫。まず注目したいのが、冷蔵庫上段の扉上部まで伸びた抗菌耐熱(約100度)のフルフラットトップテーブルを、前モデルに引き続き採用したところ。

冷蔵庫の上に電子レンジを置くことができるのはもちろん、食品や食器を“ちょい置き”することもできるので、限られたキッチンスペースを有効活用することができるのだ。

また、扉上部までトップテーブルが延長されているので、扉とトップテーブルの間に汚れが溜まりにくいので、お手入れの手間が軽減できるのも利点。さらに、フルフラットテーブルと冷凍室のハンドルが抗菌仕様なのも嬉しいポイントだ。

もちろん、冷蔵室や冷凍室の仕様にもこだわっており、冷蔵室の容量は「MR-P17J」が122L、「MR-15J」が100Lで、どちらも全段ガラスシェルフ(「MR-P17J」は4段、「MR-15J」は3段)を採用しているので、汚れを簡単に拭き取ることが可能。

ハムやチーズなどの保存に適した整理しやすい「低温ケース」や、大容量の「ドアポケット」も備え、さらに「MR-P17J」では、ドアポケットの最上段の高さを変えられるため、収納する食品に応じて使い分けることができる。

冷凍室の容量はどちらも46L。引き出し式の2段構造となっているので、上段はカップアイスなど背の低いものを、下段は食パンなど背の高いものなど、分けて収納することが可能だ。

「MR-P17J」の主な仕様は、定格内容積が168L(冷蔵室122L+冷凍室46)。年間消費電力量が308kwh/年。外形寸法は幅480×1,338×595mm、質量は37kg。

「MR-15J」の主な仕様は、定格内容積が146L(冷蔵室100L+冷凍室46)。年間消費電力量が304kwh/年。外形寸法は幅480×1,213×595mm、質量は35kg。

関連情報
https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/reizouko/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。