小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

刺激的なエンジン音に注目!?アバルトが初の電気自動車 「Abarth 500e」を発売

2023.10.14

Stellantisジャパンは、アバルト・ブランド初の電気自動車、「Abarth 500e(アバルト チンクエチェント イー)」を10月28日(土)より販売を開始する。また、発表を記念し、ローンチエディションの「Abarth 500e Scorpionissima(アバルト チンクエチェント イー スコーピオニッシマ)」を、200台限定で発売する。

アバルトの電動化戦略において中核を担う次世代の象徴

この新型「Abarth 500e」は、アバルトの電動化戦略において中核を担うモデルとなる。これまでのブランドDNAを継承しながらも、次世代のアバルトを象徴するモデルとして、日本市場に登場する。

同モデルは、コンパクトな車両サイズを維持しつつ、114kW、235Nmのパワフルでレスポンスの優れたモーターと42kWhのバッテリーにより、低中速域においてもエキサイティングな走りを実現。0-100km/h加速は7秒で、「Abarth 695」とほぼ同じタイムを記録。20-40km/h、40-60km/hの中間加速では「Abarth 695」より約1秒早いタイムを記録し、シティ走行において、「Abarth 695」を超えるパフォーマンスを実現した。

また、ガソリンモデルに対し、前後重量配分の改善(57:43)およびトレッドの60mm拡大により、クイックなハンドリングと安定性を両立したことで、日常で最も走行シーンの多い、中間加速および立ち上がり加速のパフォーマンスを、より楽しく爽快にしてくれる。

さらに新型「Abarth 500e」には、アバルトの象徴ともいえるレコードモンツァ(※)のエキゾーストノートを忠実に再現した独自のサウンドシステム「サウンドジェネレーター」を装備しており、これにより、EVとは思えないエキサイティングで刺激的な走りを実現。

※レコードモンツァはアバルト・ブランドのハイパフォーマンスエキゾーストシステム。アバルト・ブランドの創業期から続く、ブランドのDNAと切り離すことのできない伝統のチューニングパーツ。

この「サウンドジェネレーター」は、ステランティス・グループのサウンドデザインスタジオと、イタリアのステランティス専任チームの共同で開発された。音響試験と研究は、正確で信頼性の高い騒音測定を行うために半無響室(内部の騒音レベルが極めて低く、外部からの遮音性が高くなるように特別に設計された部屋)で実施された。さらに、反射床のおかげで、道路のような音響反射面を再現することが可能となった。

プロジェクトチームが、延べ6,000 時間以上をかけて完成したサウンドは、ダイナミックな運転とスピード、アクセル開度とリンクし、アバルトのガソリンエンジンを忠実に再現したもの。「サウンドジェネレーター」により、「Abarth 500e」は、他の電気自動車とは異なる、唯一無二のドライビング体験を提供する。なお、「サウンドジェネレーター」は、停止時にオン/オフの切り替えが可能となっている。

デザインの最大の特徴は、アバルトとして初めて、車体の随所に、ブランドアイデンティティであるサソリのパーツを模したデザインを採用した点となる。18インチアルミホイール、フロントバンパー、ステアリングホイールはサソリの爪を模しており、独特な外観のリップスポイラーは、サソリの足を模している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。