小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ラグビーとよく似ているスポーツ「フッティ」って知ってる?

2023.10.13

【編集部員がイチ押しするオーストラリアの旅】Vol.3 現地観戦で大盛り上がり!W杯で話題のラグビーとよく似た熱きスポーツ〝フッティ〟って知ってる?

惜しくも日本代表は敗退してしまったものの、決勝トーナメントに向けてさらに盛り上がりを見せようとしている「ラグビーW杯2023」。そんなラグビーと同様に、楕円形のボールを扱って得点を競い合う「オーストラリアンフットボール」(愛称〝フッティ〟)といわれるスポーツが存在するのをご存じだろうか。

 ラグビー、クリケット、サッカー、野球など、様々なスポーツに対する興味関心が高いオーストラリアの中で、フッティも人気スポーツのひとつとして親しまれており、大勢の観客がスタジアムを埋め尽くすこともあるほど、ファンは熱狂的だ。オーストラリアへの旅行を検討する際には、ぜひとも現地観戦をおすすめしたいフッティの魅力について、日系オーストラリア人選手の話を交えながら紹介しよう。

Vol.1の記事はこちら
Vol.2の記事はこちら

フッティのゲームではキックの正確性が得点力を左右する!

 フッティは、楕円形のグラウンドを舞台とし、両チーム18名のプレーヤーが点数の獲得を競い合うスポーツだ。ゲームに使われる楕円形のボールは、ラグビーで使われるものに比べてひと回りサイズが小さく、ボールを持ったまま動ける範囲は15mまで。それ以上動くには「いったんボールをフィールドに付ける」または「バウンドさせる」必要がある。このあたりはバスケットボールのルールに似ている印象だ。

 味方の選手にボールをパスする手段は「蹴る」と「片手に乗せてパンチして飛ばす」のいずれかを選択しなければならない。「投げる」のは、NGだ。味方が蹴ったボールをダイレクトにキャッチすると〝マーク〟という扱いに。「そのままプレーを続行する」と「その場に置いてフリーキックする」のどちらかを選択できる。

 楕円形のグラウンドの両端には、それぞれに4本のポール(内側にある長いポールが2本、外側にある短いポールが2本)が置かれており、その間に「ボールを蹴り入れる」ことができれば得点になる。長いポール同士の間だと6点、短いポールと長いポールの間だと1点が入るというルール。フッティでは味方にパスしたり高得点のゴールを決めたりするために、ボールを正確に蹴る能力が欠かせない。ちなみに、1つのクォーターあたり各20分、計4クォーターの合計80分で競い合われる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。