小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ソニーのゲーミングギアブランド「INZONE」からeスポーツチームのFnaticが監修した完全ワイヤレスイヤホン「INZONE Buds」が登場

2023.10.18

ソニーは、ゲーミングギアブランド「INZONE」から、完全ワイヤレスイヤホン「INZONE Buds」を10月27日に発売する。価格はオープン。市場推定価格は30,000円前後。カラーはホワイトとブラックの2色を用意する。

競技性の高いゲームプレイに適した音質と通話性能を追求

「INZONE Buds」は、プロeスポーツチーム「Fnatic」が監修した完全ワイヤレスイヤホン。競技性の高いゲームプレイに適した音質と通話性能を追求しており、ドライバーユニットには、完全ワイヤレスヘッドホン「WF-1000XM5」に搭載している、ドーム部とエッジ部で異なる素材を組み合わせた振動板を備えた直径8.4mmの「ダイナミックドライバーX」を採用。これにより、優れた音の定位感を実現し、微細な音を捉えることができるという。

通話性能においては、5億サンプルを超えるAIの機械学習で構成したアルゴリズムにより、ユーザーの声とそれ以外の環境ノイズを分離して発話した声をクリアに抽出する高精度ボイスピックアップテクノロジーを搭載したことで、クリアな通話を実現する。

また、ソニーの「360立体音響」技術をゲーム向けに最適化した「360 Spatial Sound for Gaming」の搭載し、ゲーム本来の7.1chサウンドを生かした、高い臨場感を再現。さらに、プレイに集中できるよう、ノイズキャンセリング機能も搭載。本体のタッチ操作でアンビエントサウンドモード(外音取り込み)に切り替えることも可能なので、シーンに応じて使い分けることができる。

もちろん、装着性や接続性、バッテリー性能にもこだわっており、耳の複雑な凸凹に干渉しにくい形状設計や、本体を耳との接触面で支える「エルゴノミック・サーフェス・デザイン」を採用したことで、耳への圧迫感を軽減し、快適な装着感を実現。接続性については、USBトランシーバーを使用した30ms未満の低遅延を実現する2.4GHzワイヤレス接続のほか、次世代Bluetoothオーディオ「LE Audio」での接続にも対応する。

バッテリー性能においては、電力消費を効率化するチップセット「低消費電力プロセッサーL1」を新開発し、イヤホン本体のみで12時間、付属のケースで充電すると合計約24時間の使用が可能。5分間の充電で約60分使用できるクイック充電にも対応する。

このほか、同じく「INZONE」ブランドから、約260gの軽量な本体で快適な装着性を実現するワイヤレスヘッドセット「INZONE H5」も登場。40mmドライバーを採用したモデルで、高精度ボイスピックアップテクノロジーも搭載。2.4GHzワイヤレス接続のほか、有線接続にも対応する。

発売日は10月17日。価格はオープンで、市場推定価格は25,000円前後。カラーはホワイトとブラックの2色で展開する。

関連情報
https://www.sony.jp/inzone/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。