小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大胸筋・鎖骨部を鍛える「デクライン・プッシュアップ」と「インクライン・ベンチプレス」の正しいやり方

2024.01.05PR

筋トレをする誰もが理想と現実のギャップを抱えていると思います。努力をしているにもかかわらず、思い描いた体に辿り着けないという悩みは、後を絶ちません。なぜなら、人の体は千差万別で、トレーニングの目的や置かれている環境も人それぞれ。また同じ人でも必要なトレーニングが時期によって変わるため、一人一人に最適な種目を採用することは、本当に難しいからです。では、どうすればいいのか?

みずからも選手としてボディビル競技に挑みつつ、骨格筋評論家「バズーカ岡田」として多くのメディアに出演。トレーニングは「心と身体を鍛えるもの」をポリシーに、トップアスリートから一般の方まで、さまざまなフィールドでそれぞれに適した身体づくりを提案・指導している岡田隆さんの著書世界一細かすぎる筋トレ図鑑中からDIME読者におすすめしたいノウハウを厳選、再編集してお届けします! あなたが選び、あなたが鍛えたい場所を鍛える、新しいトレーニングを始めましょう。

ターゲットエリア【胸】はち切れそうな胸をつくる

シャツが破れるまで胸板を盛り上げる

胸の筋肉の代表格は、前面にある大きな大胸筋。大胸筋は、鎖骨部、胸肋部、腹部と、上・中・下の3つに分けて大きくする。さらに内側と外側に焦点をあてたトレーニングで輪郭をスクエアに、かつ立体的に整えたい。そして前鋸筋を鍛えることで大胸筋がハイライトされる。そう、化粧と同じだ。さらに深部にある小胸筋を鍛えれば、全体を底から盛り上げられ、面積が広く分厚い胸板が完成する。そして腹筋とのセパレートが明瞭になり、鍛え上げられた体であることをすぐに知らしめることができる。

〈大胸筋・鎖骨部(上部)〉デクライン・プッシュアップ[自重]

【ココが大事!】大胸筋・鎖骨部の構造を知る

大胸筋の停止は上腕骨だが、起始によって上・中・下の三つの部分に分けられる。上部にあたる鎖骨部は、その名の通り鎖骨につながり斜め下に走っているので、腕を体に対して斜め上方向に押し出すトレーニングになる。そのため、足を高くしてプッシュアップするのだ。

〈大胸筋・鎖骨部(上部)〉インクライン・ベンチプレス[BD/POF・M]

【ココが大事!】手幅によってバーの軌道が変わる

バーを持つ手幅を広くすると、脇が開き、バーは鎖骨に真っ直ぐ下りる。一方、手幅をやや狭くすると、脇は閉じ、バーは肋骨方向に斜めに下りていく。前者も上部に効かせられるが、後者の方が自然な姿勢で高重量を扱うことができる。

世界一細かすぎる筋トレ図鑑トレーニングページのトリセツ

ここからは、細分化された部位別のトレーニングを紹介していきます。各種目は、トレーニング種別とPOF法によって分類されています。目的に合わせ、最適な種目を選びましょう。

☆ ☆ ☆

いかがでしたでしょうか?

パーソナルジムが増え、SNS や動画配信サイトの情報も豊富になった昨今、筋トレにまつわる“メソッド”の不足に困ることはなくなりました。しかしそれでも、ギャップが完全に埋まることはないでしょう。

筋トレをいざ始めてみると、最初はグングンと成果が現れますが、この “ビギナーズ・ラック”のようなボーナス期は3
カ月~半年間で終わってしまい、その後は停滞期が訪れます。そんな停滞期を何度も乗り越えてきた著者だからこそノウハウ、「理想の体」にいち早く到達するためのメソッドを知りたくなった方は是非チェックしてみてください。

世界一細かすぎる筋トレ図鑑
岡田隆/小学館

『世界一細かすぎる筋トレ図鑑』に続く、第2弾も登場!

世界一細かすぎる筋トレ栄養事典
岡田隆/小学館

国内ボディビル大会で優勝、世界大会にて3位となるまでの体験、そして研究者としての知見から得た「生きていくうえで必須の行為『食事』を、いかにボディメイクに生かすか」がテーマ。どんなに完璧なトレーニングを心がけ、日々怠らずに実践していても、適切な食事が摂れていなければ、効果は激減してしまう。あなたに必要な栄養素は何かに気付く「知識」、それを効率的に摂り込む「方法」を詰め込んだ待望の第2弾。

著者/岡田隆 Okada Takashi
ボディビルダー/日本体育大学体育学部教授
日本オリンピック委員会 強化スタッフ(柔道)/柔道全日本男子チーム 体力強化部門長/日本ボディビル&フィットネス連盟 ジュニア・マスターズ委員長/理学療法士/スポーツトレーナー/骨格筋評論家/ バズーカ岡田
トレーニングは「心と身体を鍛えるもの」をポリシーに、トップアスリートから一般の方まで、さまざまなフィールドでそれぞれに適した身体づくりを提案・指導している。みずからも選手としてボディビル競技に挑みつつ、骨格筋評論家「バズーカ岡田」として多くのメディアに出演。1980 年、愛知県出身。日本体育大学卒業、日本体育大学大学院修了(体育科学修士)、東京大学大学院単位取得満期退学。厳しいトレーニングと減量から成るボディビルは、身体だけでなく心も鍛えるとして学生指導の核に掲げており、日本体育大学バーベルクラブの顧問を務めている。自身もウェイトトレーニングの実践者として 2014 年にボディビル競技に初挑戦。デビュー戦の東京オープン選手権大会70kg 級で優勝。16 年には日本社会人選手権大会を制し、日本選手権大会には16 年、17 年に連続出場 している。『除脂肪メソッド』(ベースボール・マガジン社)、『無敵の筋トレ食』(ポプラ社)など著書多数。累計100 万部を突破している。YouTube チャンネル「バズーカ岡田の筋トレラボ」「バズーカ岡田チャンネル」でも食生活、筋トレ、スポーツ記事の解説を発信中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。