小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ハイブリッド、プラグインハイブリッドも用意!トヨタが走りもしっかり楽しめる新型「クラウン スポーツ」を発売

2023.10.11

トヨタは、新型クラウン(スポーツ)のハイブリッド車(HEV)を発表した。10月6日より注文の受付を開始し、11月頃の発売を予定している。また、プラグインハイブリッド車(PHEV)を、今年12月頃に発売を予定している。なお、クラウン(セダン)は今年11月頃、クラウン(エステート)は2023年度内の発売を予定している。

SPORT Z(2.5Lハイブリッド車)

新型「クラウン」シリーズでは、時代を超えて受け継がれてきた揺るぎないクラウンネスを基盤としつつ、ユーザー一人ひとりの価値観・多様性に応える4つのモデルが生まれた。日本から世界へ進出するグローバルブランドとして、個性的な4つのクラウンが揃い、クラウンブランド第2章の幕開けとなった。その中でもスポーツは、新しいカタチのSUVとして、感性に響く「美しいデザイン」と「楽しい走り」を追求した。

見るモノを惹きつける美しさと走りへの期待も高まる新しいカタチ

SPORT Z(2.5Lハイブリッド車)

クラウンシリーズでもっとも創造的であるために譲れなかったのは、圧倒的な「美しさ」。その実現のため、新時代クラウンのデザイン思想である「シンプル」を基盤に、エモーショナルなエッセンスをプラス。SPORTの名を冠するクラウンのSUVにふさわしい、スポーティで躍動的かつ、一目見ればワクワクするような、これまでにない美しい造形へと昇華した。

SPORT Z(2.5Lハイブリッド車)

Dピラーからリヤタイヤにかけて大きく張り出したフェンダーは、スポーツの1番の特徴。このフェンダーがダイナミックで低重心な印象を高めるとともに、外径の大きいタイヤが存在感を際立たせ、スタンスの良さにも寄与。さらに、クロスオーバーから進化させたハンマーヘッドフェイスは、レンズ幅を薄くしたデイランプを黒色部内に集約し、よりシャープで精悍な表情を実現。また、ワイドに構える表情が、よりスポーティさを演出する。

加えてクロスオーバー同様、21インチタイヤ(アルミホイール)を設定。上質な乗り心地を叶える性能を維持しながら、さらに広幅、大径化し、スポーツの美しさを足元から支える。

インテリアでは、ディスプレイやシフトなどの各種機能をひとくくりにして、島(アイランド)のように配置するデザイン「アイランドアーキテクチャー」を活かし、個性も主張できるよう、運転席と助手席をアシンメトリーにコーディネーション。運転席側は、ドライブへの集中力を高めることを狙いにブラックに統一。助手席側には、くつろげるよう、特別な素材と配色を施した。

ボディカラーは、モノトーンカラー6色とバイトーンカラー5色を設定。バイトーンは、造形の美しさを際立て、独自の世界観を表現している。多様な価値観に応えられる内装色として、走りを楽しめることをベースに、自然体でしなやかな暮らしに共感できるように新色の「サンドブラウン」と「ブラック」をご用意した。

クラウンらしい上質さを実現するこだわりの室内空間

魅力的な外形と乗降時の美しい所作の両立を追求。大径タイヤの採用により得られた高いヒップポイントによって乗り降りのしやすさを実現。また、ロッカー高さ、段差やリアドアトリム形状にもこだわり、足さばきの良さも目指した。さらに乗員同士の言葉がダイレクトに伝わり、会話がしやすい空間を実現するため、室内音を反射する「調音天井」をトヨタで初採用した。

「楽しさ」を基準に、スポーツの名を冠するクラウンにふさわしい走行性能

安心してクルマを操作できる高い接地性と、振動抑制により、「クルマと対話している感覚」で楽しい走りを実現している。クルマの意図や反応を正確に感じられる接地感と減衰力にとことんこだわり、独自のサスペンションセッティングを施している。スポーツの名のもと、DRS(ダイナミックリアステアリング)を車両に合わせ最適にチューニング。低速域では軽快感を、高速域ではさらに安定感をバランスさせ、意のままに車両を操る楽しさを感じられる。

サスペンション(マクファーソンストラット式)

サスペンション(マルチリンク式)

2.5L シリーズパラレルハイブリッドシステム

クロスオーバー同様、効率向上と性能向上を追求した高効率ハイブリッドシステムを搭載。電気エネルギーを有効活用することで、低速でのレスポンス向上、中速~高速域でのダイレクトな加速、さらには燃費性能や静粛性にも貢献する。

2.5L シリーズパラレルハイブリッドシステム

2.5L プラグインハイブリッドシステム

出力密度の高い駆動用モーターを搭載。魅力的な加速だけでなく、微妙なアクセルワークで前後の荷重移動や車速のコントロールができる駆動力を実現しました。クルマと対話し、自在に操る楽しさを存分に味わえる。さらに新開発の大容量リチウムイオン電池を搭載。車内空間を損なわずにEV走行の航続距離を拡大、日常生活の大部分をEV走行でカバーできる。

最先端の先進安全・運転支援システムを搭載

■安全性能

最新のToyota Safety Senseを標準装備。先行車やカーブに対しての減速支援とステアリングの支援を行う、プロアクティブドライビングアシスト(PDA)を搭載している。さらにトヨタチームメイト[アドバンストドライブ(渋滞時支援)]、[アドバンストパーク(リモート付)]を設定。高速道路渋滞時一定条件下での運転負荷軽減や、安全安心な駐車支援を実現する。またブラインドスポットモニター[BSM]、パノラミックビューモニター[PVM]を標準とし安全性能を拡充。BSMのセンサーを活用した安心降車アシスト[SEA]や後方車両接近通知・追突防止サポート機能も搭載。

■先進機能

トヨタスマートセンターと連携するセンター通信型コネクティッドナビの対応に加え、通信が途切れて万一保持する地図情報の外に出てしまった場合でも、続けてナビ機能が利用できる、車載ナビ機能も搭載。高精細の12.3インチ HDワイドディスプレイが、鮮明な地図描画と美しい映像を映し出す。

【月販基準台数】

700台/月

【メーカー希望小売価格】(税込)

SPORT Z 5,900,000円(税込)

関連情報:https://toyota.jp/crownsport/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。