小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テクニクスが新しいモーター駆動技術「ΔΣ-Drive」により回転ムラや微振動を極限まで低減したダイレクトドライブターンテーブル「SL-1200GR2」を発売

2023.10.12

デジタルアンプで培ってきた知見をもとに新たなモーター駆動技術を開発

パナソニックは同社が展開するテクニクスブランドのグランドクラスのダイレクトドライブターンテーブルとして、SL-1200GR2を2023年10月下旬より発売する。メーカー希望小売価格は25万円(税込)。カラーは-S(シルバー)、-K(ブラック)。

テクニクスは、1970年に世界で初めてダイレクトドライブ方式を搭載したSP-10以来、1975年には高精度クロックの回転制御技術であるクォーツ・ロックを導入。

世界各国の放送局に採用されたSP-10MK2、2016年には世界中のレコードリスナーからの要望に応え、新開発したコアレス・ダイレクトドライブ・モーターを搭載したSL-1200Gなど、半世紀以上にわたり、常に時代ごとの最新技術を搭載したモデルを生み出し続けてきた。

SL-1200GR2は、そうした数々の技術革新の歴史を経ながら、テクニクスのフルデジタルアンプ開発で培ってきたノウハウに着目して新たなモーター駆動技術「ΔΣ-Drive」を開発。

ワウ・フラッターやS/Nでは測定できないレベルまで、モーターの回転ムラや微振動を低減した。さらにこれまでテクニクスが培ってきた低ノイズ電源技術を結集し、より一層の高音質化を実現しているという。

新モーター駆動技術「ΔΣ-Drive」により、さらなる高音質化を実現

「Δ∑-Drive」制御回路

独自のデジタルアンプ技術のノウハウを活かし、新モーター駆動技術「ΔΣ-Drive」を開発。モーター回転時のわずかな回転ムラや微振動を低減し、安定した回転を実現した。

https://jp.technics.com/products/1200gr2/features/#delta_sigma_drive

ローノイズスイッチング電源とノイズ除去回路を組み合わせた「Multi-Stage Silent Power Supply」を採用

電源回路

フルデジタルアンプ開発で培ったノウハウを活用したローノイズ且つ電圧変動の少ないスイッチング電源を搭載。さらにリファレンスクラスSL-1000Rと同等のノイズ除去回路「Current Injection Active Noise Cancelling」も採用している。

https://jp.technics.com/products/1200gr2/features/#power_supply

上位モデルを踏襲した高品位なデザインと環境に配慮した緩衝材

SL-1200シリーズ伝統のレイアウトを踏襲したデザインで、色はシルバーとブラックの2色を用意。また環境問題への取り組みとして、緩衝材の材料に段ボールを使用することで包装材のプラスチック使用量を削減している。

https://jp.technics.com/products/1200gr2/features/#design

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。