小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

チェキ誕生から25周年!手のひらサイズのカメラ「INSTAX Pal」が加わってさらに広がるINSTAX“チェキ”超活用術

2023.10.12

連載/ゴン川野の阿佐ヶ谷レンズ研究所「INSTAX“チェキ”超活用術」

INSTAX“チェキ”ならではの楽しさ

富士フイルムの営業利益を牽引する人気商品、INSTAX“チェキ”シリーズは誕生25周年を迎える今もなお、Z世代を中心に人気を集めている。その魅力を富士フイルムのINSTAX“チェキ”担当者に徹底取材した。

今回、お話をうかがったのは、富士フイルムイメージングシステムズ インスタント事業部の鈴木梨恵さん。チェキの魅力はシャッターを押してからチェキプリントが出てきて、そこに画像が浮かび上がるまでのワクワク感を共有できることだという。チェキのフィルムは、

●mini(ミニ)
●SQUARE(スクエア)
●WIDE(ワイド)

この3種類のフォーマットがある。さらに各フォーマットに対応したデバイスのラインアップも豊富。撮影後すぐにプリントが出てくるアナログカメラ、背面モニターを見ながら撮影し画像を選んでプリントできるハイブリッドインスタントカメラ、スマホの画像をプリントできるスマホプリンターがある。ここに今回、「撮影」に特化した新製品「INSTAX Pal」が加わった。

INSTAX mini 12

2023年3月に発売されたエントリーモデル「INSTAX mini 12」は、操作はとてもシンプルで、レンズリングを回して電源ON、さらに一段階回すと30~50cmの接写に対応できる。周囲の明るさに応じてフラッシュ光量が自動で調整されるので、背景が暗くなることもなく、接写での白飛びも抑えられる。さらに接写の際にファインダーから見える視野を、実際のプリントに写る範囲に合わせる機能(パララックス補正) も搭載されている。

セルフィー撮影時はレンズの横にあるセルフィーミラーで撮影範囲を確認しながらシャッターボタンを押す。mini 12は小学生も含む若年層がメインターゲットだが、誰でも簡単に撮影でき、その場ですぐにプリントを楽しめるのが最大の魅力だ。

mini 12のカラーは5色、推し活のトレンドである推し色やメンバーカラーで選ぶ女性もいるそうだ

カードサイズのミニフォーマットにはハートスケッチ、コンタクトシート、ソフトラベンダー、ストーングレーなど人気のフィルムが充実している

別売りのカメラケースとアルバムは、カメラと同色で揃えられるよう5色用意されている

アルバムもフィルムのフォーマットに合わせてバリエーションを豊富に取り揃えている

カメラケースは、ケースから出さずに撮影できる速写ケースになっている

背面のフィルムカウンターも読み取れるように穴が開けられている

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。