小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一流の所作は細部に宿る!走りを追求したレクサス初の電気自動車専用モデル「RZ450e」の完成度

2023.10.13

2023年3月に発売されたレクサス初のBEV、電気自動車専用モデルがレクサスRZ450e。プラットフォームはトヨタbZ4X、スバル・ソルテラと共通するBEV専用プラットフォーム、e-TNGAを採用してはいるが、結論を先に述べれば、モーターなどに大きな違いはないものの、上屋はもちろん、中身は別物と断言できる仕上がりだ。

国産SUVの中でピカイチのエクステリアデザイン

モノグレード、前後にモーターを備える四輪駆動力システム「DIRECT4」によるAWDのみのRZ450eバージョンLのボディサイズは全長4805×全幅1895×全高1635mm。ホイールベース2850mm。数あるレクサスSUV、いや、数ある国産SUVの中でピカイチのエクステリアデザイン、カッコ良さの持ち主であると、筆者が強く思えたのも本当だ。

サスペンションはフロント:ストラット、リヤ:ダブルウィッシュボーン。コンベンショナルなバネと周波数感応式ダンパーを組み合わせている。そして贅沢にも車体側のパフォーマンスダンパーを前後に備えている凝りようだ。最低地上高は205mm。気になるいち充電航続可能距離はWLTCモードで494km(標準装備の20インチタイヤ/18インチタイヤ装着時は534km)と、十分な航続距離の持ち主と言っていいだろう(リース専用車のbZ4Xの4WDモデルのいち充電航続距離は540km)。

レクサスRZに乗り込んで、まず驚かされるのが、14インチもの巨大なタッチディスプレーオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plusだった。bZ4Xが12.3インチだから、その差は大きい。が、それだけに小ぶりで画面表示も地味なメーターとの落差を感じてしまった。

bZ4X同様のダイヤル式セレクターをDレンジにセットして走り出す。おっと、ダイヤルの操作感はbZ4Xより遥かに質感が高かった。こうした細部へのこだわり、コストのかけ方もまたレクサス一流の所作ではないだろうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。