小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

実力No.1はどれ?「PowerShot V10」「VLOGCAM ZV-E1」「OSMO ACTION 4」Vlog特化型カメラを撮り比べ

2023.10.22

初心者向けから上級者向けまで選択肢が急拡大する〝Vlog特化カメラ〟 

写真だけでなく、多くの人が動画を撮るようになった。

 そう語るのは、ビックカメラ有楽町店でカメラ売り場を担当する乙川和矢さんだ。

「約3年前にコロナ禍で外出機会が激減した中で、自宅で撮影してYouTubeにアップする、ルーティン動画やルームツアーなどの配信者が急増しました。同時期に、ソニーから初の〝Vlog特化カメラ〟が発売され、ブームの火付け役となりました」(乙川さん)

 そして現在、Vlogカメラは初心者向けから上級者向けまで選択肢が急拡大している。

「キヤノンの『PowerShot V10』は、スマホからの乗り換えニーズに応えてくれます。またフルサイズセンサーを業界で初搭載したソニーの『VLOGCAM ZV-E1』は、画質にもこだわりたいというプロアマVloggerのニーズを満足させてくれるカメラです」(乙川さん)

 これまでのカメラにも動画撮影機能はあった。従来カメラとの決定的な違いはあるのだろうか。

「高画質化については当然ですが、顕著に異なるのは音質です。いずれも大きなマイクを搭載しており、『VLOGCAM ZV-E1』に至っては、高音質なだけでなく収音する方向まで切り替えられます。また強力な手ブレ補正機能を備えているのも特徴ですね」(乙川さん)

 手軽さを求めるならキヤノン、最高峰の画質と音質を求めるならソニー、ひっくり返してもブレない安定性であればDJIの『OSMO ACTION 4』と、撮りたい映像に合わせて選べるようになった。

 まだVlogカメラは誕生してから3年ほど。今後もより多くの製品が各メーカーから発表されるのは間違いないだろう。

Vlogカメラの決定的入門機。スマホからのステップアップに◎

キヤノン『PowerShot V10』実勢価格約5万9950円

スマホライクなコンパクトなボディーに、1型の大型CMOSセンサーを搭載。有効画素数は約1310万画素で4K動画(30P)の撮影も可能だ。スマホの専用アプリを連携させればYouTubeのライブ配信も気軽に行なえる。

[RECOMMENDED]
自撮りしたい時には、内蔵スタンドを開いてテーブルなどに置き、録画スタート! 10~30度の角度で設置できる。キヤノン『PowerShot V10』

〈河原塚’SEYE〉コンパクトかつ気軽に高画質で撮影できる! スマホと連携させてリモート会議時のWebカメラとして使えるのも便利だった。
動画はこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。