小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

柏の葉スマートシティで電気自動車への走行中給電の公道実証実験を開始

2023.10.08

東京大学大学院新領域創成科学研究科の藤本・清水研究室、ブリヂストン、日本精工、ローム、東洋電機製造、小野測器、デンソー、三井不動産、SWCC、カーメイト、千葉大学宮城研究室の共同研究グループでは、 2018年より走行中給電システムの研究を実施してきた。

そして今回、柏の葉スマートシティ内にて、日本初の「公道における走行中給電実証実験」を開始する。この実証実験は、東京大学、柏市、その他関係機関と「柏 ITS 推進協議会」の枠組みによる「電気自動車への走行中給電技術開発の取り組み」で実施される。

日本初の公道実証(柏市)

柏の葉キャンパス駅を中心とした地域では、公・民・学連携により「柏の葉国際キャンパスタウン構想」に基づく先進的なまちづくりが進められている。また、スマートシティを目指した様々な取り組みも実施されており、2019年には「国土交通省スマートシティモデル事業(先行モデルプロジェクト)」の選定を受けて「スマートシティ実行計画」を策定し、新技術や官民データを活用しつつ 、都市・地域課題の解消に取り組んでいる。

その一環として、2023年6月には、柏市、東京大学、その他関係機関と「柏 ITS 推進協議会」の枠組みで実施している、電気自動車への走行中給電技術の実証実験の取り組みが、国土交通省が公募する「道路に関する新たな取り組 みの現地実証実験(社会実験)」として採択され、 2023年10月から2024年3月まで、 柏の葉キャンパス駅西口至近の市道にて日本初の公道上における電気自動車への走行中給電技術の実証および社会的受容性の確認を実施する予定。

本社会実験により、道路政策ビジョン「2040年、道路の景色が変わる」にも掲げられた、低炭素道路交通システムの実現による地球温暖化の進行抑制に向けた大きな貢献が果たせるものと考えている。

走行中給電システムの研究・開発(東京大学)

東京大学大学院新領域創成科学研究科の藤本博志教授、清水修准教授らの研究グループ(以下、東大グループ)では 2017年にJST未来社会創造事業において「電気自動車への直接給電が拓く未来社会」として採択され、走行中給電システムの研究開発を進めてきた。現在はブリヂストン、日本精工、ローム、東洋電機製造、小野測器、デンソー、三井不動産、 SWCC、カーメイト、国立大学法人千葉大学と共同で研究を行っている。本実証実験には同研究グループが研究・開発したシステムや技術を導入する。また同実証実験は公道で行うため、走行中給電システムを搭載した上で、ナンバー取得をした車両での実験を行う。

この実証実験で使用する送電コイルは東大グループが設計を行い、10秒充電することで一般的な電気自動車が1km走行 することが可能となる仕様となっている。

実証実験で使用する車両と路面構造

今回発表のポイントは次の3つとなる。

(1)様々な車両に使える走行中給電システム

様々な車両のあらゆる状態に対応するためには適切に電力をコントロールすることが必要になる。同研究グループでは、電力を適切にコントロールすることで電気自動車にもプラグインハイブリッド車にも使用できる走行中給電システムを実現した。

(2)標準化につながる走行中給電システム

送電コイルに常に通電をすると、送電コイルの上に車両がないときには無駄なエネルギーを使うことになる。この課題を解決するために同研究グループでは、待機電力を極力小さくしながら車両検知を短時間で行う、新しい車両検知システムを開発している。そして、このシステムを公道で検証することにより、走行中給電システムの標準化に貢献する。

(3)高耐久性プレキャストコイル

安全に使用するためには路面として十分な耐久性を持ちながら、送電が可能なコイルの開発が必要。同研究グループでは、コイルと路面を一体化したプレキャストコイルが公道実証実験に耐えうる耐久性の検証をしている。

今後の展望

2023年10月から2024年3月まで公道での実証実験を継続する予定となっている。そしてこの実証実験の結果を反映し、さらに発展させた走行中給電システムの開発を推進し、走行中給電社会実装の早期実現を目指す。

関連情報:http://www.kashiwa-its.jp/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。