小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ヒートポンプ搭載によって時短と省エネを両立した日立のドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム BD-STX130/SX120J」

2023.10.11

日立グローバルライフソリューションズは、ヒートポンプを新搭載したドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム BD-STX130J/BD-SX120J」を11月中旬に発売する。

↑「BD-STX130J」(左)、「BD-SX120J」(右)

高速風と大風量を組み合わせた「らくはや 風アイロン」を開発

「ビッグドラム BD-STX130J/BD-SX120J」の最大の注目ポイントは、ヒートポンプ新搭載により時短と省エネの両立を実現したところ。

従来機種に搭載する「風アイロン」は小型で大風量のファンモーターによる高速風と、手前から風を直接あてる構造により、衣類を大きく広げることで、“仕上がりの良さ”を提供してきた。

しかし、本製品では、冷蔵庫やエコキュートなどで培ったヒートポンプ技術を新たに採用したことで、高速風と大風量を組み合わせた「らくはや 風アイロン」を開発し、きれいな仕上がりはそのままに、時短と省エネを実現。さらに、ヒートポンプ搭載で乾燥時に冷却除湿による水を使用しないため、節水にも繋がるのだ。

また、昨年開発した、乾燥フィルターをなくし、「洗濯槽自動おそうじ」「乾燥経路自動おそうじ」「ドアパッキン自動おそうじ」の3つの自動おそうじと「大容量糸くずフィルター」でお手入れの手間を軽減する「らくメンテ」も引き続き採用。今回、ヒートポンプの搭載にともない、除湿し温風をつくる熱交換器を乾燥経路に追加したことから、「乾燥経路自動おそうじ」に熱交換器の自動洗浄機能を新たに搭載している。

このほか、少ない水量で高濃度洗剤液の浸透を促進し、高い洗浄力のままスピーディーに洗い上げる「ナイアガラ循環2段シャワー」も新たに採用。「AIお洗濯」や「温水ナイアガラ洗浄」も利用でき、液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能やスマートフォン連携機能も搭載する。

なお、「BD-STX130J」は、洗濯槽の回転振動を抑えるダンパーの本数を3本から4本へ増やすことなどで、洗濯槽の大型化が可能となり、国内向けドラム式洗濯乾燥機で日立初となる13kgの洗濯容量を実現。さらに、乾燥容量も7kgに大容量化し、まとめ洗いや大物洗いのニーズに応えたという。

「BD-STX130J」の主な仕様は、洗濯・脱水容量が13kg、乾燥容量が7kg。目安時間は洗濯(標準コース)が36分、洗濯~乾燥(標準コース)が約93分。消費電力量(50/60Hz)は洗濯(標準コース)が85Wh、洗濯~乾燥(標準コース)が約1,150Wh。標準使用水量は洗濯が94L、洗濯~乾燥が約65L。外形寸法は幅630×奥行720×高さ1,065mm、質量は約93kg。操作パネルはワイドカラー液晶タッチパネル。

「BD-STX120J」の主な仕様は、洗濯・脱水容量が12kg、乾燥容量が6kg。目安時間は洗濯(標準コース)が34分、洗濯~乾燥(標準コース)が約80分。消費電力量(50/60Hz)は洗濯(標準コース)が78Wh、洗濯~乾燥(標準コース)が約980Wh。標準使用水量は洗濯が88L、洗濯~乾燥が約64L。外形寸法は幅630×奥行720×高さ1,065mm、質量は約93kg。操作パネルはプッシュボタン式操作パネル。

価格はいずれもオープン。予想実売価格は「BD-STX130J」が37万円前後、「BD-SX120J」が33万円前後。

関連情報
https://kadenfan.hitachi.co.jp/wash/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。