小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

若き日のスティーブ・ジョブズの声が聴ける!MacとiPhoneを発表した時の声を再現したAIが登場

2023.10.07

今後は世界的に偉大な人々の再現を目指す

Legal AI社は、スティーブ・ジョブズ氏の若き日とiPhone後の声を再現するAIを開発した。このジョブズ氏の声を再現するAIは、従来の音声合成技術とは一線を画し、本人に近い声の再現を実現。

Legal AI社の開発のチームは、数多くの音声データと人工知能のアルゴリズムを駆使し、ジョブズ氏の声の特徴、イントネーション、スタイルを精密に模倣。これにより、ユーザーはスティーブ・ジョブズ氏自身が語るかのような体験を楽しむことができる。

AIを開発するジークラウドとAIリーガルテック企業 Legal AIは、10月5日のジョブズ氏の命日に追悼の意を表し、このスティーブ・ジョブズ氏の声を搭載したAIサービス「HARUKA.AI」(ハルカアイ)をリリースする。

スティーブ・ジョブズAIは2種類を用意。一人は1984年のマッキントッシュを発表した当時の声を再現し、もう一人は、2007年にiPhoneを発表したときのジョブズの声を再現した。

■若き日のスティーブ・ジョブズ氏(1984年ごろ)

「世界を変えるにはどうすればいいんだい?」との質問に、かの有名な「Stay Hungry, Stay Foolish」で答えている。

■iPhone発表後のスティーブ・ジョブズ氏(2008年以降)

「どうやってiPhoneを発明したんだい?」との質問に、「存在しないものを創造するビジョンが必要だった」と答えている。

Legal AI社のCEOである渡部薫氏は次のように述べている。

「私たちはこのプロジェクトに情熱を注ぎ、スティーブ・ジョブズ氏の偉大な遺産を称えるため、彼の声を再現しました。このAI技術を使って、彼の洞察に満ちた言葉や魅力的なプレゼンテーションを新世代に伝え、彼のアイデアと影響を永遠に生き続けさせることを願っています」

今後、世界中の人々が会いたいと願っている偉大な人々をAIによって再現することを目指すという。

関連情報:

HARUKA.AIサイト
https://haruka.ai/#/jobs 

リメンバー。スティーブ・ジョブズ
https://www.netscape.co.jp/haruka-remember-stevejobs 

構成/ob1

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。