小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

8K/60Hz、4K/120Hzの入力信号に対応!デノンがHDMIセレクターを搭載したHi-Fiネットワークステレオレシーバー「DRA-900H」を発売

2023.10.10

6系統のHDMI入力端子を装備、3系統が8K/60Hz、4K/120Hzの入力信号に対応

デノンは新型Hi-Fiネットワークステレオレシーバー「DRA-900H」を2023年10月下旬より発売を開始する。希望小売価格は12万1000円(税込)。本体カラーはプレミアムシルバー。

DRA-900Hは、デノンのステレオアンプとしては初めてHDMIセレクターを搭載したモデルになる。

6系統のHDMI入力端子を装備しており、その内3系統が8K/60Hz、4K/120Hzの入力信号に対応。またHDR10やHDR10+、Dolby VisionなどのハイダイナミックレンジやALLM、VRR、QFTもサポートしてる。

HDMI出力端子はARC(オーディオ・リターン・チャンネル)に対応しており、192kHz / 24 bitまでのリニアPCM(2ch)信号をテレビからHDMIケーブル経由で入力することが可能だ。

DRA-900Hにおいては、ARCで伝送されるオーディオ信号を、HDMIインターフェースデバイスを介することなく、直接デジタルオーディオセレクター(DIR)に入力すること、そしてデジタルオーディオ回路の電源の強化や低ノイズ化、グラウンドの強化等の徹底した音質チューニングにより、他のデジタル入力同様の高音質を実現したという。

HDMIコントロール機能(CEC)にも対応しており、HDMI接続したテレビと電源ON/OFFを連動させたり、テレビのリモコンでDRA-900Hの音量を調整したりすることもできる。

DRA-900Hは、2系統のアナログ入力とMMカートリッジ対応のPhono入力、2系統の光デジタル入力、同軸デジタル入力を装備しているため、CDプレーヤーやレコードプレーヤーなど、様々なソース機器の接続に対応する。

ワイドFM対応のFM/AMチューナーも搭載しており、ラジオ放送もデノンのHi-Fiサウンドで楽しめる。

ネットワークオーディオのプラットフォーム「HEOS」を搭載

DRA-900Hは、ネットワークオーディオのプラットフォーム「HEOS」を搭載しており、「Denon Homeシリーズ」のスマートスピーカーやサウンドバーなどのHEOS Built-inデバイスをシステムに追加すればワイヤレス・マルチルーム環境を簡単に構築することが可能だ。

音楽ストリーミングサービスは、ロスレスやハイレゾに対応するAmazon Music HDをはじめ、AWA、Spotify、SoundCloudに対応。さらにローカルネットワーク上のミュージックサーバー(PC / Mac / NASなど)やUSBメモリーに保存したDSDファイルやハイレゾ音源の再生も行なえる。

左右チャンネルを対称配置して電源ラインとグラウンドも左右で完全分離

サウンド面ではDRA-900Hは、フルサイズコンポーネントの余裕のある筐体設計を活かし、定格出力100W+100W(8Ω、20Hz ~ 20kHz、THD 0.08%、2ch駆動)のパワフルなステレオパワーアンプを搭載。

回路設計にはディスクリート構成を採用することでデノン独自の音作りを可能にしている。

また左右チャンネルを対称配置し、電源ラインとグラウンドも左右で完全に分離することにより、チャンネルセパレーションと空間表現力を向上させた。

プリアンプ回路には、半導体メーカーと共同開発した入力セレクター、ボリューム、出力セレクターそれぞれの機能に特化したカスタムデバイスを採用。これらは本来、ハイエンドモデルのために開発された高性能デバイスでもある。

専用のデバイスを最適な配置で基板上に実装することによって、音質を最優先したシンプルかつストレートな信号経路とし、透明感の高いサウンドを実現。さらに、アナログオーディオ回路をノイズ源となる電源トランスと電源基板から最も離れた場所に配置し、グラウンドパターンの最適化および信号ラインの低インピーダンス化を徹底することにより、優れたS/N比を達成している。

D/A変換回路には、L/R それぞれに2ch、合計4ch のD/Aコンバーターを用いるダブル・ディファレンシャル構成を採用。2段の差動合成によりノイズを低減し、優れたS/N比と透明感の高い空間表現が得られるという。

さらに同社では、「上記以外にも、大出力と高品位なオーディオクオリティを支える強力な電源回路、入念なノイズ対策、HDMI入力用のジッターリダクション機能、振動による音声信号への影響を抑制するダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクション、高品位な信号伝送を実現する金メッキスピーカー端子など、デノンの持つ様々な技術とノウハウを投入してハイクオリティなサウンドを実現しています」と説明している。

DRA-900Hの主な仕様

定格出力/100W+100W
実用最大出力/175W
周波数特性/10Hz ~ 100kHz (+1, -3dB、ダイレクトモード時)
無線LAN/IEEE 802.11a / b / g / n / ac準拠(Wi-Fi 準拠)
Bluetooth/バージョン 5
HDMI端子/入力×6、モニター出力×1
音声入出力端子/アナログ音声入力×2、PHONO入力(MM)× 1、光デジタル入力×2、同軸デジタル入力×1、2.2chプリアウト×1、ヘッドホン出力×1(フロント)
外形寸法/アンテナを立てた場合 : 幅434×高さ215×奥行き339mm、アンテナを寝かせた場合 : 幅434×高さ151×奥行き339mm
質量/8.6kg

関連情報
https://www.denon.jp/ja-jp/news/2023/23030

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。