小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コーヒー豆・粉の焙煎度合いをデジタル計測できるEqual Coffeeのコーヒー焙煎度測定機「dipper」

2023.10.01

EXTENSIONが展開するコーヒーブランド Equal Coffee(イコール・コーヒー)は、コーヒー豆・粉の焙煎度合いを計測する機器『dipper/ディッパー』の予約販売を開始。アジア最大級のコーヒーの祭典「SCAJ2023」とEqual Coffeeのブースと特設ECサイトで予約を受け付けている。

コーヒー焙煎もDX!SCA基準のアグトロン値を採用した焙煎度合い測定機

これまでのコーヒーの一般的な焙煎度合いの測定は、コーヒー豆の表面の色と「色見本」を見比べながら、人が目で見て判定してきた。

焙煎する人の経験や感覚、色の「見本」と見比べての自己判断で「これはシティロースト」「これはフルシティ」とおおよその焙煎度合いを判定してラベリングしていく方法だ。

この、目で見て決める主観的な焙煎度合いの判定方法には、どうしても正確さに欠けるという問題があった。そこで、登場したのが “dipper”だ。

“dipper”は、コーヒーの豆・粉の焙煎度合いをデジタル計測する、コーヒー焙煎度測定機である。コーヒー豆にdipperを被せてボタンを押すと、すぐに焙煎度合いを測定して、デジタル数値(アグトロン値)で表示する。

数値の表示に加えて「シティ」「フレンチロースト」等の焙煎度名も表示するので、プロだけでなく、自宅で焙煎したコーヒー豆やお店で購入した豆を測る普段使いでも、カンタンに焙煎度を知ることが可能。

焙煎をしているとコーヒー豆の表面はよく焼けているように見えても中身は焼けてないという、コーヒー豆の表面と中身で焙煎度合いが異なることがあり、表面の見た目や色の判断だけでは焙煎の度合いを的確に判断することが難しい。

dipperであれば、本体に搭載している機能で焙煎された豆の状態(メイラード反応・カラメル化・炭化)を計測することで、豆の表面の「色」を判断する従来の方法と比べて、より正確なコーヒーの焙煎度を測定が可能だ。

コーヒーの豆と粉、どちらも測定が可能で、豆測定・粉測定、それぞれの単独ボタンがついており、だれでもカンタンに素早く測定ができる。

dipperが表示する数値は、アメリカのSCAが規定する、コーヒーのプロが用いるアグトロン値を採用した。

普段から焙煎やカッピング等でアグトロン値に慣れているプロの人は引き続きSCA基準で業務が可能であり、一般の人でもプロと同じ数値基準で手持ちのコーヒー豆の焙煎度合いを知ることができる。

プロ仕様のアグトロン値(グルメ、コマーシャルの2種類が選択可能)に加えて、SCAが定義する焙煎度合いの呼び名(SCA)と、一般的な呼び名(Common)の3つの指標で焙煎度合いを表示す。

焙煎度合いの呼び名は「フレンチロースト」「シティロースト」等のこと。コーヒーを専業としない一般の人でも、お店などで一度は耳にしたことがあるかもしれないが、焙煎の度合いを表す際によく用いられる表現だ。

dipperは見た目や、使いやすさも追求した。持ちやすく使いやすい手におさまるサイズを意識したミニマルなデザインを採用。プロ仕様の機器でありながらコンパクトで場所をとらない。

業務用機器にありがちなゴツさや重々しさを排除し、コーヒーの現場や家庭で、だれでも扱いやすいように設計されている。

どこでもdipperを持ち運んで使えるように、専用のポータブル保護ケースも付属。精密機器のdipperを保護するために、ケース内部に衝撃吸収素材を使用している。

コーヒー産地へ仕入れの出張の際や、コーヒー講師の人の持ち歩き、バリスタの店舗間での移動も想定して、場所を選ばずdipperが使えるように考慮した。

製品概要

品名:アグトロンスケール・焙煎度測定機「dipper」
サイズ:65mm×100mm
重量:280g
SCA Agtron 規格を採用
表示:単色OLEDディスプレイ
充電方式:USB TypeC 5V/1A
充電時間:約3時間
使用時間:連続約8時間
通常価格:¥248,000(税込)

主な機能
・コーヒー豆・粉を近赤外線で計測
・”グルメ”と”コマーシャル”のAgtron Scaleの選択が可能
・焙煎度名 の表⽰付き(SCA及びCommon)
・少量の豆・粉で計測が可能、ロスを低減
・高精度の光学計測エンジン
・自動スリープ機能で省エネ対応(自動スリープまでの時間を設定可能)
・測定履歴を200メモリー記録
・本体立ち上げから素早いウォームアップ
・直感的かつシンプルに操作が可能なインターフェース
・携帯にも便利なサイズとクッション内蔵の携帯バッグが付属
・ハイコントラストなOLEDディスプレイを採用
・充電しながら使⽤が可能
・質感の良いアルミ合金のボディと温かみのある木目皿

取扱店:SCAJ2023、特設ECサイト
※販売期間は2023年9月27日 10:00 ~ 2023年10月7日 10:00。
※在庫がなくなり次第受付終了となる。

関連情報
https://ec.equalcoffee.jp/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。