小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1万円以下でコスパ抜群!装着感も音質も大満足のSOUNDPEATSのワイヤレスイヤホン「AIR3 DELUXE HS」 

2023.10.04

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

ANCよりインナーイヤー派に

完全ワイヤレスイヤホンはイヤーチップを使うカナル型が主流だが、これに反旗をひるがえしているのが装着感に優れるインナーイヤー型である。今まで、装着感は良いが、音質はカナル型と思われていた。それを打ち破ったのがSOUNDPEATS「AIR3 DELUXE HS」(7180円)である。

14.2mmの大口径ダイナミックドライバーを採用して、再生周波数帯域20Hz~40kHzを実現。コーデックはLDACに対応して世界初のHi-res Wirelessに認定されたインナーイヤー型なのだ。連続再生時間は本体5時間で、充電ケース併用で20時間。ゲームモードでは60msの低遅延となる。また4個のマイクを搭載して、騒がしい場所でもクリアーな通話ができる。

インナーイヤー型なので耳への圧迫感がなく長時間装着でも負担が少ない

充電ケースは高級感があり、重量はイヤホン込で実測36.5gだった

AIによるパーソナライズで音質向上

「AIR3 DELUXE HS」には専用アプリがあり、ここにあるアダプティブイコライザー機能が、さりげに優れているのだ。帯域ごとにテスト信号を発して耳の感度を測定、それに基づいたEQを生成してくれる。これは絶対に使ったほうがいい。補正前はやや低音不足に感じられたが、EQ補正後は低音の量感が増加して高域とのバランスが取れた。

対してプリセットされたEQカーブはクラシックがデフォルトで、それ以外に低音強調、電子音、民謡、ロックなど9タイプがあり、音質の変化は大きい。残念なことにプリセットをベースにイコラインジグカーブをカスタマイズする機能はなかった。また、装着自動検出がデフォルトでONになっており、イヤホン装着で音楽再生開始、外すと自動停止の機能がある。これが不要な場合はアプリからOFFにできる。タッチキーのON/OFFもできるがカスタマイズはできない。

その音質はLDAC接続で確認するためFiio「M15」とペアリングして、試聴した。高域の解像度が高く、ヌケもいい。中域のニュアンスも出る。そして低域は歯切れよく、中高域とマッチしてつながりもいい。量感不足は感じられず、大音量も出せるためダイナミックレンジも十分だ。音色はややドライで、これは好みが分かれる所かもしれない。

Bluetoothで接続したら、専用アプリを起動して機器を選択すると、充電モニター画面が表示される

カスタマイズ画面ではパーソナライズや装着自動検出のON/OFFができる

イコライジングの結果は補正カーブで示される。静かな場所で測定したい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。