小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マーケティング担当者が抑えておくべき「Google アナリティクス4」の変化と進化

2023.10.23

Googleが提供する、無料のアクセス解析サービス「Google アナリティクス」。最新のGA4には、Googleの機械学習モデルを活用した予測機能も導入され、Webマーケティングに欠かせないツールとなっている。

7月にUAのサポートが終了!ユーザーを軸としたGA4の特徴とは?

小澤昇歩さんグーグル合同会社
Head of Data Solutions – Japan
小澤昇歩さん

 7月1日に前バージョンに当たる、「ユニバーサルアナリティクス(UA)」が終了し、「GA4」へと完全移行した。日本でGoogle アナリティクスをリードする小澤昇歩さんは、今回のアップデートの理由について、主に3つを挙げる。

「1つはユーザーの利用環境の変化です。今はひとりが複数のデバイスから、いろんな方法でアクセスする。そうした変化に対応しました。2つ目はGoogleとして、プライバシーをより強固に保護していくため。3つ目はAIや機械学習といった、最新技術の導入をさらに進めていくためです」

 UAでは計測の軸が「セッション」だったが、GA4では「ユーザー」が軸。これをどうに活用するかは、サイトの運営者次第だ。例えば、自社で発行したユーザーIDを使って計測すれば、様々なデバイスやプラットフォームをまたいでアクセスがあった場合も、正確にユーザー数をカウントできる。こうした分析をサポートするのがAIだ。

「これまでのデータ解析は、データが多いほど価値がありました。しかし今は、整理されたデータを、効率的に利用することに価値がある。AIを用いることで少ないデータが補完され、その先の行動を推測できるようになります」(小澤さん)

UAとGA4の計測方法の比較

UAとGA4の計測方法の比較第3世代のUAに対し、GA4では、ユーザーのカスタマージャーニー(顧客が商品と出会い、購買に至るまでの経路)を詳細に把握できるように。これにより、データに基づいた戦略が立てられる。

マーケティングのプロも納得!本当に使えるGA4の便利機能

峯林晃治さんファストマーケティング代表取締役
峯林晃治さん
ジャストシステムでBtoB領域のデジタルマーケティングに携わり、2020年に独立。ミエルカSEOを提供するファベルカンパニー社のコンテンツディレクターも兼務。

機能【1】「レポートのスナップショット」で現状をざっくり把握

GA4GA4の「レポートのスナップショット」では、その月のユーザー数、新規ユーザー数、平均エンゲージメント時間、参照元(どこからアクセスしているのか)などを確認可能。数値はグラフでも表示されるので、アクセスの増減や、最も多いアクセス元などを容易に分析できる。

機能【2】「レポートのスナップショット」で先月との差異を比較

GA4さらにレポートのスナップショットでは「期間比較」で前月比や昨対比を表示することが可能。グラフに比較対象と増減比が表示され、アクセス数が先月と比較して減ったか増えたか、アクセス元別やエリア別に分けて分析できる。

機能【3】「レポートのユーザー属性」でアクセスユーザーの年齢層を確認

GA4「レポートのユーザー属性」では、ユーザーがアクセスしている国や地域、性別、年齢、興味・関心など幅広いデータを取得可能。このデータはGoogleが、データの共有を同意しているユーザーからのみ取得しているので、ユーザー層を分析することで、コンテンツの内容を検討する際などに生かせる。

機能【4】「データ探索」でページごとのアクセス数とコンバージョン数をチェック

GA4「データ探索」はGA4で新たに追加された機能。セグメントやディメンジョンを組み合わせて自分だけのカスタムレポートを簡単に作成可能。例えば、行に「ランディン グページ+クエリ文字列」を選択し、「値」に「セッション」と「コンバージョン数」を入れるとページごとのコンバージョン数を可視化できる。

取材・文/太田百合子、峯林晃治

DIME11号の特集は「Google超研究」「腰痛マネジメント」「スポーツギア図鑑」、付録は身体のケアに役立つ「ハンディーボディケア」

DIME11月号の特別付録は、肩、腕、腰、足……気になるところに心地いい刺激「ハンディーボディケア」!
萎縮した筋膜をストレッチで正常な状態に戻すなど、良好なコンディションを維持することが重要。
そんな体のメンテナンスを手助けするのがこの「ハンディーボディケア」。先端が振動し、気になる部位を刺激できるスグレモノ。スポーツの前後はもちろん、仕事中や、くつろいでいる時間にも活用してほしい。

大特集は「Google超研究」!売上40兆円というIT界の巨人が目指す未来を徹底解説したほか、Googleの最新ガジェットや超便利アプリの使いこなし術まで徹底解説しています!!

ほかにも「腰痛マネジメントの極意」「最新スポーツギア図鑑74」「10分でわかるインボイス制度」など、総力取材でどこよりも情報を詰め込んだ雑誌となっています。

******************************
DIME11月号
特別価格1250円(税込)
※電子版には付録は同梱されません。
******************************

【店頭在庫を探す】

■第1特集
売り上げ40兆円! ITの巨人が目指す未来とは!?Google超研究

この見開きに散らばった各種サービスのアイコンを見て、何を感じるだろうか。「いつも使ってるあのアプリだ」というものもあれば、「こんなことまでやっていたんだ」と驚くものもあるかもしれない。2人の大学生によって生み出された検索サービス「Google」が運用開始したのが1997年のこと。98年の法人化から30年弱で急速に事業規模を拡大していったGoogleの年間売上高は、何と約2580億ドル―― 日本円で約40兆円にものぼる(2021年通期)。テックジャイアントの雄は、私たちの生活にどこまで染み込み、広がりを持たせ、そして豊かにしてくれるのだろうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。