小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

複数の回答案、検索への誘導、Google Bardを使うと情報収集はどこまではかどるのか?

2023.10.27

Bard

「Bard」は学習した内容をベースに受け答えをするという意味では、ほかの生成AIと大差がない。しかし実際に使ってみると学習内容が日々追加され、一部の最新情報については回答を生成してくれるのがわかる。現時点の生成AIは、完璧とは程遠い存在だ。Bardはそのあたりをカバーするため、複数の回答を同時に生成し、回答からすぐにGoogle検索で調べられるボタンを用意している。ユーザーへの配慮は実にGoogleらしい。Bardは〝やんちゃさ〟こそ少ないものの、安心して使える生成AIなのだ。

いわばセカンドオピニオン!「他の回答案」も同時生成

Bard

Bardは、ほかの生成AIとは異なり、ユーザーの活用の幅を広げるため、特性の異なる「他の回答案」を3つ同時に提示。それらを閲覧しながらアイデアを練ったり、資料をまとめて完成に近づけたりできるようにしている。

回答内容の詳細を〝ググれる〟!Google検索ボタンを用意

Bard

生成AIは、時として回答に誤った内容が含まれるほか、質問した内容に詳しくないこともある。そんな欠点を補うのが「Googleで検索」機能だ。生成された回答の内容について判断するための関連情報を、簡単に探しに行けるのはBardだけだ。

同じAI検索でも生成に利用する学習データは様々

精度の高い大規模言語モデルを利用するには有料版にアップデートしなければならない「ChatGPT」と、優秀な大規模言語モデルを使えるものの質問と回答を繰り返すターン数が決められている「Bing」。それらに対して「Bard」はターン数の制限も有料版もなく気軽に利用できる。

Bard

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。