小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「VPN」って何の略?意外と知らない正式名称と特徴

2023.10.03

オフィスの外で仕事をする際に使われることも多い「VPN」。普段、何気なく使ってはいるものの、VPNの正式名称や、外出先からネットワークに接続する仕組みを知らない方は多いだろう。 

そこで本記事では、「VPN」の正式名称や特徴について解説する。併せて、VPNに接続するメリットやデメリットも紹介するので、ぜひこの機会にチェックしてほしい。 

VPN」とは? 

まずは、「VPN」の正式名称と特徴について見ていこう。 

Virtual Private Network」の略称 

VPN」は“Virtual Private Network”略称で、読み方は「バーチャル・プライベート・ネットワーク」。日本語では「仮想専用線」と表すことができる。VPNは、通信におけるトラフィックを暗号化することで、個人情報を保護しながらインターネットに接続できるネットワークだ。 

Web上のコンテンツにアクセスする際は、常にセキュリティ上の懸念が付きまとうが、VPN接続を利用すればセキュリティリスクを大幅に軽減することができる。 

VPNの特徴 

VPN接続は「トンネリング」と情報の「暗号化」を同時に行う特徴がある。

トンネリングとは、さまざまな国や地域から仮想的に外部からは見えない直結回線を開通させること。暗号化は、情報を第三者から解読不能にする仕組みだ。トンネリングと暗号化を組み合わせることで、情報漏洩などのリスクを最小限に抑えながらネットワークへアクセスすることができる。 

VPN接続の種類 

次に、VPN接続の種類とそれぞれの特徴を見ていこう。 

インターネットVPN 

インターネットVPN」は、既存のインターネット回線を用いたネットワークを指す。インターネットに接続するだけで利用できるため、もっともコストの負担が少なく、誰でも扱えるのが特徴だ。 

手軽にVPN環境を整えられる反面、通信環境に左右されることから、通信速度が不安定になるケースも少ない。 

エントリーVPN 

エントリーVPN」は、通信会社が提供する閉域IP網を利用した仮想回線のこと。閉域IP網は、特定のユーザーのみが利用できるため、安全性に優れた通信が期待できる。導入コストも比較的にリーズナブルで、コストパフォーマンスが高いのも利点。

ただし、通信会社の光回線を経由した接続であることから、一定の通信スピードが保証される帯域保証は付かない点には注意が必要だ。

広域イーサネット 

カスタマイズ性に優れた「広域イーサネット」は、VPNの中でももっとも自由度が高いネットワーク。通信事業者が提供する閉域網を利用した「L2(レイヤ2)」を用いており、広範囲におよぶ通信を安定して行える特徴がある。 

他のVPNと異なり、高いセキュリティ性能を確保する必要があることから、利用するサービスによっては、通信コストが高額になる場合もあることを念頭に置いておこう。 

IP-VPN 

IP-VPN」は、危険性のあるネットワークゲートウェイを回避し、個人情報を保護しながらVPNに接続できるネットワークを指す。ネットワークが混雑している場合には、企業のインターネット接続が優先的に処理される。そのため、企業向けのVPN接続を目的として利用されることが多い。 

また、通信事業者と契約者のみが利用できることから、暗号化機能を導入することなく、安全性の高い通信が期待できる。 

VPN接続のメリットとデメリットは? 

最後に、VPNに接続する際のメリットとデメリットを紹介する。 

メリット:通信の安全性に優れている 

外出先からインターネット接続を試みる際に、外部から情報を盗み見られるリスクが低減できるのがVPNが持つ最大のメリットVPNのトンネリング機能を使えば、不特定多数が利用するWi-Fiスポットと比べて安全性の高いアクセス経路を確保できる。 

デメリット:複雑な設定や専門知識を要する場合がある

VPNは、高いセキュリティ性を保つための複雑な設定や専門知識を要する場合も多い。そのため、手軽に利用できないと感じる人も少なくないだろう。先述の通り、一口にVPNと言ってもさまざまな種類があるため、ニーズに合ったサービスを選んで上手く活用してほしい。

※データは2023年9月下旬時点のもの。

※情報は万全を期していますが、正確性を保証するものではありません。

※製品およびサービスのご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/編集部


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。