小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知ってる?「隗より始めよ」の読み方と言葉の意味

2023.10.15

新規事業を成功に導くためにはスモールスタートが大切だとよく言われる。慣用句として古くから使われてきた「隗より始めよ」も、スモールスタートに似た意味を持つ言葉だ。日常生活で使う機会はあまりないが、覚えておいてきっと損はないはず。

そこで本記事では、「隗より始めよ」の正しい意味や読み方、由来や言葉の使用シーンを分かりやすく解説する。併せて紹介する類語や英語表現もぜひチェックしてほしい。 

隗より始めよとは 

まず、「隗より始めよ」の意味と読み方を紹介する。言葉の由来や使用シーンもぜひ参考にしてほしい。 

意味と読み方 

「隗より始めよ」の読み方は「かいよりはじめよ」。「大事業をするには、まず身近なところから始めるのが良しとされること」「物事を始めるには、初めに言い出した者から始めると良いこと」を意味する言葉だ。

「隗」は「険しいことや高いこと」を表す漢字で、音読みすると「かい」、訓読みすると「けわしい」と読む。 

由来 

隗より始めよの由来は、漢文の「先従隗始」。この物語は、中国の戦国時代に、燕の昭王が優れた人材を国に招くために、遊説者の郭隗に意見を求める場面から始まる。郭隗は「郭隗が優遇されるのであれば、自分ならもっと優遇されるはずだと考え、優秀な者が集まってくる」と昭王に助言した。郭隗の言う通りに郭隗の待遇を良くしたところ、これを聞きつけた多くの優れた者が燕の国に集まり、賢者を国に招くことができた。 

この話が語源となり、「隗より始めよ」が現代の意味で使われるようになった。 

「隗より始めよ」の誤用 

「隗より始めよ」は「言い出し始めた者が責任を持って物事を始めるべきだ」といった意味合いで使われることもあるが、これは誤用。本来、相手に強要したり責任を押し付けたりするようなニュアンスは含まない言葉であるため、使い方には注意しよう。 

使用シーンと例文 

「隗より始めよ」は、ビジネスの教訓として幅広いシーンで使いやすい言葉だ。 

【例文】 

「隗より始めよというように、この企画は言い出した私が責任者になります」 

「社長から隗より始めよと言われたので、まずは日本国内の市場調査を実施する」 

「隗より始めよで、彼は率先してチームのとりまとめを行った」 

「先輩は、隗より始めよの精神で、自ら提案した企画を率先して実行している」 

「隗より始めよ」の類語 

次に「隗より始めよ」と同じような意味を持つ類語を紹介する。表現の幅を広げるのに、ぜひ役立ててほしい。 

死馬の骨を買う 

読み方は、「しばのほねをかう」。優れた人材を集めるために凡人や出来の悪い者を優遇することで、自然と優秀な人材が集まるように企てることを意味する比喩表現だ。 

【例文】 

「叔父は死馬の骨を買うの精神で、自営業をしている」 

「死馬の骨を買うを実行できる会社は早々ないだろう」 

「社長は死馬の骨を買うを有言実行し、社内には優秀なメンバーが揃った」 

「先輩たちは、課長は死馬の骨を買っていると言っていた」 

大巧を天下に建つる者は必ず先ず閨門の内を修む

読み方は「たいこうをてんかにたつるものはかならずまずけいもんのうちをおさむ」。大きなことを成し遂げるためには、身近なことを重点的に行うのが良しとされることを意味する比喩表現だ。「閨門」は「家庭」を指し、直訳すると、大成功したい場合は、まずは家庭内を押さえるべきだということを表す。 

【例文】 

「大巧を天下に建つる者は必ず先ず閨門の内を修むと言われるように、家庭内が穏やかだと仕事に集中でき成功に繋がるだろう」 

「商売を成功させるには、大巧を天下に建つる者は必ず先ず閨門の内を修むというように、身近なことから大切にしなければならない」 

「祖父の口癖は、大巧を天下に建つる者は必ず先ず閨門の内を修むだった」 

「まずは家庭内を穏やかに保ち、大巧を天下に建つる者は必ず先ず閨門の内を修むを体現してみせる」 

「隗より始めよ」の英語表現 

最後に、「隗より始めよ」と同じような意味を英語で表した言葉と例文を確認していこう。 

practice what you preach 

人に説くことは自分でも実行した方が良いことを意味する英語表現だ。 

【例文】 

“It is important to practice what you preach.” 

(人に説くことは自分でも実行することは大切だ) 

“When my father was alive, he said, “Practice what you preach.”” 

(父は生前、「人に説くことは自分でも実行する」と言っていた) 

“The president grew the company with the spirit of “practicing what he preached”.” 

(社長は「人に説くことは自分でも実行する」精神で会社を大きくした) 

“My grandfather used to tell me, “Practice what you preach.”” 

(私は祖父から「説教したことを実践する」とよく言い聞かされていた) 

start with the first step 

自らが第一歩を踏み出すことを指す言葉だ。 

【例文】 

“People tend to forget the “start with the first step” mentality.” 

(人々は「自らが第一歩を踏み出す」という精神を忘れがちだ) 

“I approached my work with the mindset of “Let’s start with the first step.”” 

(私は「自らが第一歩を踏み出す」という気持ちで仕事に取り組んだ) 

“I learned from her the idea of ​​”starting with the first step.”” 

(私は彼女から「自らが第一歩を踏み出す」という気持ちを学んだ) 

“My grandfather’s actions conveyed his desire to “start from the first step.”” 

(祖父の行動から「最初のステップから始めましょう」という気持ちが伝わってきた) 

Start from small things. 

直訳すると「小さいことから始めること」となり、「大きな成功を納めるには身近なことから始めるのが良い」ことを意味する表現だ。 

【例文】 

“Her uncle kept telling her, ​​”Let’s start from small things.”. 

(彼女は彼女の叔父から「成功するには小さいことから始めること。」と言われ続けてきた) 

“Starting from small things is important when tackling things.” 

(小さなことから始めることは、物事を取り組むうえで大事なことだ) 

“Since he was just starting out, he decided to start from small things.” 

(起業し始めたばかりの彼は、小さなことから始めることにした) 

“By starting from small things, she was able to grow her company.” 

(彼女は小さなことから始めたことで、彼女の会社を大きくできた) 

 

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。