小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これで十分!家電の操作もアプリの利用も1台でこなすGoogle「Pixel Tablet」の万能性

2023.10.22

『Pixel Tablet』は『Pixel』シリーズ初のAndroidタブレット。タブレットといえばキーボードやペン入力を備えたビジネス用を想像しがちだが、Googleがターゲットにしたのはファミリーユース。スマートスピーカーのように利用できるのが新しい。

 タブレットは当初、スマホよりも画面が大きいことからコンテンツビューアーとしての色合いが濃かった。しかし、その性能が高まるにつれて、徐々にビジネスツールとしての性格を強め、ペン入力やキーボード入力に対応する純製のアクセサリーも増加。今や用途の幅が広いPCのように進化している。アップル『iPad Pro』は、その典型例といえるだろう。

 これに対して『Pixel Tablet』が打ち出したのは、ファミリーユースだ。端末自体はAndroidを搭載するタブレットだが、同梱の充電スピーカーホルダーにセットすると、同社が展開している『Nest Hub』のように、音声で音楽や動画などのコンテンツを呼び出せる。

 「Google Home」の連携により、家電をコントロールするハブとして使えるのもポイント。スマホのように肌身離さず持ち運ぶことのないタブレットは、使っていない時間が長くなりがちだ。『Pixel Tablet』なら、そんな時でもスマートホームのハブとして利用できる。

 チップセットは『Pixel 7』シリーズと同様の「Tensor G2」を搭載し、処理能力は十分。家族団らんの時間が終わったら仕事にも使える1台2役のお得な端末なのだ。

Google『Pixel Tablet』

Google『Pixel Tablet』

7万9800円~(直販価格)
約11インチの大型タブレットで、チップセットにはAI処理能力の高い「Tensor G2」を採用。充電スピーカーホルダーを同梱しており、充電時には『Nest Hub』のようなスマートホームのハブとして利用できる。

[画面]10.95インチディスプレイ(2560×1600) [プロセッサー]Google Tensor G2 Titan M2
[メモリー]8GB [ストレージ]128GB [背面カメラ]800万画素 [前面カメラ]800万画素
[カラー]グレー(Hazel)/ベージュ(Porcelain)  [サイズ]W258×H169×D8.1mm [重さ]493g

持っても置いても使いやすい〝二刀流〟設計

Google『Pixel Tablet』[タブレット時]
「Tensor G2」を搭載しているのでレスポンスは上々だ。GmailやGoogleカレンダーなどのアプリは大画面に最適化されており、見やすくて操作もしやすい。なお、手書きで入力したい時には市販のUSI2.0対応ペンが使える。処理能力が高く、ゲームを楽しむのにもおすすめ。

Google『Pixel Tablet』[ホームハブ時]
充電スピーカーホルダーにセットすれば『Nest Hub』のようなホームハブに早変わり。ネットワークに対応する照明やロボット掃除機のオン/オフなどを本機でコントロールできる。音声操作にも対応し、音楽や動画などのコンテンツを家族全員で楽しむのにもピッタリだ。

Google『Pixel Tablet』スマホの画面を簡単操作で転送
「Chromecast」の受信端末として使えるのも特徴。スマホで表示している写真や動画をそのまま映し出せる。大画面で動画を楽しみたい時に打ってつけだ。

Google『Pixel Tablet』スタンド内蔵のスピーカーが高音質
充電スピーカーホルダーにセットすると音質が向上。高音域から低音域まで〝輪郭のある〟サウンドが、大口径のフルレンジスピーカーから360度に広がる。

Google『Pixel Tablet』スタンドにセットしやすい自立式の専用カバー
『Pixel Tablet』の専用カバー(1万2800円)はスタンドを備え、単体で立てかけられるほか、装着したままのほうが充電スピーカーホルダーにセットしやすい。

ライバル機『iPad』との違いは?

『Apple Pencil』や『Magic Keyboard』といった周辺機器を揃え、教育やビジネスへと利用シーンを拡大している『iPad』シリーズ。特に『iPad Pro』と『iPad Air』はチップセットに『Mac』と同様の「M1」「M2」を採用することで、処理能力を向上させている。これに対して『Pixel Tablet』は性能が高い反面、ペンやキーボードはサードパーティー任せ。ホームハブとしての利用スタイルを前面に打ち出し、差別化を図っている。

アップル『iPad』アップル『iPad』(第10世代)

6万8800円~(直販価格)

[画面]10.9インチディスプレイ(2360×1640) [プロセッサー]A14 Bionicチップ [メモリー]8GB
[ストレージ]64GB/256GB [背面カメラ]広角1200万画素 [前面カメラ]超広角1200万画素
[カラー]シルバー/ブルー/ピンク/イエロー [サイズ]W248.6×H179.5×D7mm
[重さ]477g(Wi-Fiモデル)

取材・文/石野純也

DIME11号の特集は「Google超研究」「腰痛マネジメント」「スポーツギア図鑑」、付録は身体のケアに役立つ「ハンディーボディケア」

DIME11月号の特別付録は、肩、腕、腰、足……気になるところに心地いい刺激「ハンディーボディケア」!
萎縮した筋膜をストレッチで正常な状態に戻すなど、良好なコンディションを維持することが重要。
そんな体のメンテナンスを手助けするのがこの「ハンディーボディケア」。先端が振動し、気になる部位を刺激できるスグレモノ。スポーツの前後はもちろん、仕事中や、くつろいでいる時間にも活用してほしい。

大特集は「Google超研究」!売上40兆円というIT界の巨人が目指す未来を徹底解説したほか、Googleの最新ガジェットや超便利アプリの使いこなし術まで徹底解説しています!!

ほかにも「腰痛マネジメントの極意」「最新スポーツギア図鑑74」「10分でわかるインボイス制度」など、総力取材でどこよりも情報を詰め込んだ雑誌となっています。

******************************
DIME11月号
特別価格1250円(税込)
※電子版には付録は同梱されません。
******************************

【店頭在庫を探す】

■第1特集
売り上げ40兆円! ITの巨人が目指す未来とは!?Google超研究

この見開きに散らばった各種サービスのアイコンを見て、何を感じるだろうか。「いつも使ってるあのアプリだ」というものもあれば、「こんなことまでやっていたんだ」と驚くものもあるかもしれない。2人の大学生によって生み出された検索サービス「Google」が運用開始したのが1997年のこと。98年の法人化から30年弱で急速に事業規模を拡大していったGoogleの年間売上高は、何と約2580億ドル―― 日本円で約40兆円にものぼる(2021年通期)。テックジャイアントの雄は、私たちの生活にどこまで染み込み、広がりを持たせ、そして豊かにしてくれるのだろうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。