小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

SafariやChromeのアプリ上で「Google翻訳」を使ってWebページを翻訳する方法

2023.09.26PR

わからない英単語があるときや、外国語で書かれているWebページを閲覧するときに便利な「Google 翻訳」機能。PCでは、ブラウザから簡単に利用できる機能として知られていますが、スマートフォンでも同様の機能を利用できるのをご存じでしょうか。

本記事では、そんなスマートフォンでGoogle 翻訳機能を使う方法に加え、ブラウザアプリを使った翻訳方法などをまとめて紹介していきます。

iPhone、Androidスマートフォン向けに「Google 翻訳」アプリがある!

iPhone、Androidスマートフォンのどちらでも、Web版のGoogle 翻訳と同等の機能が利用できる「Google 翻訳」アプリが配信されています。スマートフォンでサクッと翻訳機能が使いたい場合は、こちらを利用するのがおすすめです。

スマートフォン向けのGoogle 翻訳アプリでは、テキストを入力して、特定の言語に翻訳する機能のほかに、音声入力による翻訳や、2か国語を使う会議の際に、両方をトランスレートする機能、カメラを起動し、映した写真内の言語を翻訳する機能が利用できます。画像はAndroidスマートフォン向けアプリのものですが、iPhone向けアプリでも同様の機能が利用できます。

スマートフォンのブラウザアプリを使えばGoogle 翻訳がなくても簡単に翻訳できる!?

翻訳が簡単にできるアプリとしてGoogle 翻訳アプリを紹介しましたが、iPhoneやAndroidスマートフォンで利用できるブラウザアプリには、表示しているページをそのまま翻訳する機能が搭載されているものもあります。

本記事では、iPhoneにプリインストールされている「Safari」、ほとんどのAndroidスマートフォンにプリインストールされている「Chromeアプリ」を使って、Webページを翻訳する方法を紹介していきます。

iPhoneのSafariアプリを使ってWebページを翻訳する方法

iPhoneの標準ブラウザアプリである「Safari」では、表示している外国語のWebページをそのまま日本語、英語に翻訳したり、日本語のページをそのまま英語に翻訳する機能が利用できます。画像は、iOS 16を搭載したiPhoneを使用しています。

翻訳機能を使うためには、目的のWebページを開き、アドレスバーの左側に表示されている「ぁあ」というアイコンをタップ。日本語ページの場合は「英語に翻訳」、外国語のページの場合は「Webページを翻訳…」と表示されているので、こちらをタップします。

また、外国語のページを翻訳する場合は、「日本語」「英語」の選択肢が出るのと同時に、「優先する言語…」という項目も表示されるので、こちらから任意の言語へと翻訳することができます。

AndroidスマートフォンのChromeアプリを使ってWebページを翻訳する方法

多くのAndroidスマートフォンにプリインストールされている「Chromeアプリ」でも、Webページの翻訳機能が利用できます。画像は、Android 13を搭載したPixelスマートフォンのものです。

翻訳機能を利用したいWebページを開き、右上の3点リーダー(縦)をタップ。初期状態では、設定言語へと翻訳するようになっているため、〝日本語のページが日本語へ〟と翻訳されます。

設定した言語へと翻訳したい場合は、歯車アイコンをタップし、「その他の言語」へと進みます。翻訳機能が利用できる言語の一覧が表示されるので、任意のものをタップすれば、Webページを翻訳できます。

Google 翻訳ならWebページを〝丸ごと〟翻訳することもできる! スマホアプリ版は非対応!?

Webページを開いてからブラウザの機能を使って翻訳する機能を紹介しましたが、Google 翻訳では、Webページのリンクを貼ることで、ページ内の言語を〝丸ごと〟翻訳することができます。

PC版では、Google 翻訳のページを開き、左側のボックスに翻訳して表示したいページのURLを張り付ければOK。右側に再表示されるURLをクリックすると、翻訳された状態でWebページが閲覧できます。

ただし、PC版のChromeブラウザで「Google 翻訳」と検索した際に、直接出てくる翻訳スペースでは、同機能が利用できないので注意。必ず、Google 翻訳のページを開いてから、本操作を行いましょう。

スマートフォンの場合、iPhone、Androidスマートフォンともに、Google 翻訳アプリではURLから直接翻訳する機能が利用できません。ただし、ブラウザからGoogle 翻訳のページを開き、翻訳したいWebページのURLを貼れば、Webページを丸ごと翻訳することができます。

※データは2023年9月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/F.さとう

総力取材!DIME最新号はGoogleの大特集

DIME11月号の特別付録は、肩、腕、腰、足……気になるところに心地いい刺激「ハンディーボディケア」!
萎縮した筋膜をストレッチで正常な状態に戻すなど、良好なコンディションを維持することが重要。
そんな体のメンテナンスを手助けするのがこの「ハンディーボディケア」。先端が振動し、気になる部位を刺激できるスグレモノ。スポーツの前後はもちろん、仕事中や、くつろいでいる時間にも活用してほしい。

大特集は「Google超研究」!売上40兆円というIT界の巨人が目指す未来を徹底解説したほか、Googleの最新ガジェットや超便利アプリの使いこなし術まで徹底解説しています!!

ほかにも「腰痛マネジメントの極意」「最新スポーツギア図鑑74」「10分でわかるインボイス制度」など、総力取材でどこよりも情報を詰め込んだ雑誌となっています。

アマゾンでの購入はこちらから

■第1特集
売り上げ40兆円!ITの巨人が目指す未来とは!?Google超研究

この見開きに散らばった各種サービスのアイコンを見て、何を感じるだろうか。「いつも使ってるあのアプリだ」というものもあれば、「こんなことまでやっていたんだ」と驚くものもあるかもしれない。
2人の大学生によって生み出された検索サービス「Google」が運用開始したのが1997年のこと。98年の法人化から30年弱で急速に事業規模を拡大していったGoogleの年間売上高は、何と約2580億ドル―― 日本円で約40兆円にものぼる(2021年通期)。
テックジャイアントの雄は、私たちの生活にどこまで染み込み、広がりを持たせ、そして豊かにしてくれるのだろうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。