小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

JBLが音質のパーソナライズ化とNC機能を強化したワイヤレスオーバーイヤヘッドホン最上位モデル「TOUR ONE M2」を発売

2023.09.21

ハーマンインターナショナルは同社が展開する世界最大級のオーディオブランド、JBLからワイヤレスオーバーイヤヘッドホンのフラッグシップモデルとして「JBL TOUR ONE M2」を9月22日より発売する。標準価格はオープン価格。JBLオンラインストア販売価格は3万9600円(税込)。

自分に合ったサウンド体験を可能にする進化したパーソナライズ機能

専用アプリ「JBL Headphones」のあらゆる新メニューに対応し、自分好みにカスタマイズが可能なパーソナライズ機能がより充実。新たに登場した「Personi-Fi 2.0」では、年齢や性別、聴覚経験値など、個人の聴覚特性に合わせて各10バンドの測定ポイントを測定することでより精細なサウンド補正を行ない、ユーザーに最適な音を提供する。

また、周囲の環境音を敢えて15~20dB増幅する「パーソナルサウンドアンプリフィケーション機能」にも対応。周りの会話音声を補強して左右のバランスも調整することにより、「聴こえ」のサポートをする電子補聴器的な役割も果たす。

さらに、Bluetoothに接続せずにノイズキャンセリングをオンにすることができる「サイレントナウ」は、バッテリー寿命が維持され、移動中の睡眠時や、作業などに集中するための「静寂」が必要な時に活躍する機能だ。

ハイレゾ対応の高性能なサウンドテクノロジーで絶対音質を実現

本モデルは、Hi-Res Audio認証を取得済み(有線接続時)。従来のCD音源よりもはるかに多くの情報量を持つハイレゾ音源は、音の細部まで高精細に再現が可能であり、より高解像度で臨場感のあるサウンドを手軽に楽しめる。

また、軽量でありながら剛性の高さを誇る素材、PU(ポリウレタン)とLCP(液晶ポリマー)振動板を採用した40mm径ドライバーを搭載。LCP素材に加えPU素材も採用しているため、特に中高音でより鮮明なJBLのプロ・サウンドを実現している。

また高強度と高硬度のLCP素材が不要な音の歪みを軽減するため、中高域から高域まで、全体のバランスの良さと解像度の高さを体感できるはずだ。

さらに、独自開発の「JBL空間サウンド」技術の搭載や、耳にも負担をかけない低音量でも低域と高域両方を網羅した忠実度の高いイコライジングなど、JBLらしいサウンドテクノロジーを満載している。

上質な静寂を生むリアルタイム補正付きノイズキャンセリング機能

頭の動きや眼鏡など外部の物理的な要因によって引き起こされる、本体からの音漏れを自動的に検知して、ノイズキャンセリングレベルをリアルタイムで補正する「リアルタイム補正」機能を搭載。

周囲のノイズ成分を随時監視し、ノイズキャンセリングをかける周波数帯とその度合いを調整することで、どんな状況でも上質な静寂の中、音楽や動画に浸ることが可能だという。

リアルタイム補正機能オフの際は周囲の状況や好みなどに応じて、「JBL Headphones」アプリ上から7段階でノイズキャンセリング効果を調整することができる。

前モデル「TOUR ONE」と比較し、車の走行音や飲食店での人の話声など、人間が最も敏感に聴き取るとされる中音域帯において約3倍のノイズキャンセリングレベルの向上を実現しているため、同社では「あらゆる日常のシーンで自分だけの空間に没入でき、より深い集中を与えます」と説明している。

Bluetoothバージョン5.3 LE Audioに対応予定

長らく使用されてきた従来のBluetooth音声規格(Classic Audio)に代わり、Bluetooth SIGにより再定義された次世代のLE Audioに対応予定。LE Audio の新コーデック LC3により、 低ビット レートでも高品質のオーディオを配信できる、高性能、低消費電力のオーディオ コーデックだ。

また、LC3+コーデックでは、ハイレゾ音声伝送を実現する機能を実装しており、安定した通話と共に高音質サウンドが期待できるなど、将来のソフトウェアアップデートなどでいち早く対応できるように準備されている。
※ 本製品のHigh-Resワイヤレス対応は未定です。

プライベートからビジネスまで多彩なニーズに応える充実機能

本モデルには、プライベートシーンではもちろん、ビジネスシーンでも役立つ機能を多数搭載。前モデルにはなかった「マルチポイント」を新たに搭載したため、2台のBluetoothデバイスに同時接続とスムーズな切り替えが可能になった。音楽再生をしているスマートフォンなどにBluetoothで接続しながら、デスクトップやタブレットなど他のデバイス1台ともペアリングできるため、電話着信やオンライン会議があっても安心して使用できる。

また、高度な内蔵音声認識アルゴリズムがユーザーの声に反応し、自動的にトークスルーを起動する「スマートトーク機能」も搭載。会話が終了すると音楽とノイズキャンセリングが自動再開されるため、突然話しかけられた際や手がふさがっていて操作ができない瞬間でも本モデルがサポートしてくれる。

TOUR ONE M2の主な仕様

タイプ/リアルタイム補正機能付きハイブリッドノイズキャンセリングワイヤレスオーバーイヤーヘッドホン
カラー/ブラック
対応プロファイル/A2DP 1.3.2、AVRCP 1.6.2、HFP 1.7.2
ユニット/ハイレゾ対応40mm径ドライバー
周波数特性/パッシブ:10Hz〜40kHz、アクティブ:10Hz〜22kHz
対応コーデック/SBC、AAC(LC3/LC3+対応予定)
重量/約272g
連続使用時間/ANCオフ時 最大約50時間、ANCオン時 最大約30時間、急速充電対応(10分の充電で約5時間再生可能)
付属品/充電用USB Type-C ケーブル, オーディオケーブル、キャリングケース、フライトアダプター
発売日/2023年9月22日(金)
※ 充電・再生時間は使用環境により異なります。

関連情報
https://jp.jbl.com/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。