小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhone 13は1万2000円の値下げ!iPhone 15が発表された今、一番お買い得のモデルはどれ?

2023.09.16

値下げなしのiPhone SEや販売終了のiPhone 13 miniはどうなる?

一方、iPhone SEは値引きがされず、がっかりした人も多いのではないだろうか。iPhone SEはカメラ性能、ストレージ、バッテリー容量など、iPhone 15はもちろんiPhone 13のスペックには遠く及ばないが、4.7インチのディスプレイ、重量144gとコンパクトな本体サイズが人気の機種だ。

iPhone SEはこのサイズ感が魅力

手の小さな人でも持ちやすいサイズと6万円台から購入できるお手軽感等から、高スペックを追求しないユーザーから支持されている。

現在、第3世代まで発売されているiPhone SEだが、今回の発表で第4世代の発表はされなかった。2020年に発売されたiPhone SE(第2世代)ユーザーはそろそろ買い替えしたいタイミングなだけに、iPhone SE(第3世代)の販売価格の据え置きは残念だろう。

また、iPhone 13 mini、iPhone 14 ProシリーズがApple Storeオンラインから姿を消し、販売終了が示唆されている。iPhone 14 Proシリーズはまだ家電量販店等にも在庫があり、新品の購入は可能だが、iPhone 13 miniは9月13日時点でヨドバシカメラやビックカメラのECサイトではすでに販売休止になっている。

iPhone 13 miniはiPhone SEに次ぐコンパクトなサイズのiPhoneでありながら、スペックもそこそこ高く、「小さいiPhoneがいいけど、スペックはそこまで落としたくない」という需要に応えるモデルだった。

今後、中古スマートフォン市場でiPhone 13 miniの動向も気になるところであるが、現在、iPhone 13 miniを愛用しているユーザーは大事に使用していくのがいいだろう。

iPhoneは過去に値上げしたことも

iPhoneは2022年7月、大幅な価格変更をしたことがある。iPhone 13 Pro Maxの1TBモデルの4万円を筆頭に、5000円~3万円台まで当時の販売機種は値上がりをした。その背景には長期的に続く円安があることは明らかで、この円安傾向は2023年になった今でも解消されていない。

今後、いつ、また値上げが実施されてもおかしくはない。旧モデルの購入を検討している人は、こうした背景も踏まえた上で、ベストタイミングを見極めたいものだ。

取材・文/峯亮右

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。