小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

PowerPointで自分専用のオリジナルテンプレートを作成する方法

2023.09.15

ビジネスパーソン、学生問わず、プレゼンテーションをする際には、資料をパワーポイントで作成しているという人が多くいるでしょう。

そんなパワーポイントでは、自身でテンプレートを作成して、保存しておくことで、よく使うフォーマットを使いまわすことができます。プレゼン資料を作成するための時間を、大幅に節約できる可能性があるので、ぜひやり方をチェックしてみてください。

パワーポイントでテンプレートを作るために編集する方法

まずは、パワーポイントでテンプレートを作成する前に、保存しておきたいデータを作るための基本的な編集方法を見ていきましょう。今回はWindows 11を搭載したPCにて、Microsoft 365を使用しています。

1.パワーポイントを開き、「新しいプレゼンテーション」を開きます。

2.「表示」>「スライドマスター」をクリックします。

3.デザインの編集をする場合は、「テーマ」から任意のデザインを選択します。また、背景の編集をする場合は、「背景のスタイル」より任意のものを選択しましょう。

4.プレゼンテーション内のスライドのサイズや向きを調節する場合は、「スライドのサイズ」>「ユーザー設定のスライドのサイズ(C)」を開きます。

5.プレゼンテーション内に画像やグラフ、ビデオ、音楽などのオブジェクトを入れる「プレースホルダー」を追加するには、「スライドマスター」のタブ内にある「プレースホルダーの挿入」をクリック。任意の項目をクリックして、ファイルを挿入します。

パワーポイントでは、より細かい編集も可能ですが、基本的な編集は以上の操作で行えます。

作成したプレゼンテーションをパワーポイントテンプレートとして保存する方法

上述の方法でプレゼンテーションを作成したら、テンプレートとして保存しましょう。設定方法は下記の通りです。

1.テンプレートとして保存したいプレゼンテーションを開き、上部タブから「ファイル」をクリックします。

2.「名前を付けて保存」に進みます。

3.「参照」をクリックし、ポップアップを表示します。

4.「ファイルの種類」をクリックし、「PowerPointテンプレート」を選択。任意の場所を選択して、「保存」します。

以上で、パワーポイントで作成したプレゼンテーションを、個人用のテンプレートとして保存できます。

パワーポイントで作成したテンプレートを使う方法

最後に、パワーポイントで作成したテンプレートを開く方法です。

1.パワーポイントを起動し、左のタブから「新規」を開きます。

2.「個人用」をクリックすると、作成したテンプレートが表示されています。

3.使用するテンプレートをクリックし、「作成」に進むと、テンプレートが開きます。

【参照】PowerPoint テンプレートを作成して保存する

※データは2023年8月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。