小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

航続距離は476km、日常の足なら十分!BYDのコンパクトEV「ドルフィン」に乗ってわかった実用性

2023.09.16

1995年にバッテリーメーカーとして創業した中国のBYDは、2003年から自動車産業に参入した新しい自動車メーカーです。2023年9月20日から販売を開始するコンパクトEVの「DOLPHIN(ドルフィン)」は、2023年1月31日に日本での販売を開始したSUVの「ATTO3(アットスリー)」に次ぐ日本市場における第2弾モデル。発売に先駆けて実施されたメディア試乗会より、その魅力をお届けします。

日本独自のサイズや仕様に変更されたコンパクトEV「ドルフィン」

BYD「DOLPHIN(ドルフィン)」は、都市部での住宅環境やセカンドカーなど、日常の足として最適なコンパクトEVです。

エクステリアは、海を自由に泳ぐイルカをモチーフとしています。イルカのつぶらな瞳を表現したヘッドライト、角が取れ丸みを帯びているボディ、躍動感あるサイドのキャラクターラインなどが特徴です。

インテリアは、シンプルでありながら海を彷彿とさせるカーブで描かれた室内となっています。また、波を表現したパーツやイルカのフィンをモチーフにしたドアノブを採用しているのもドルフィンらしいポイントです。

日本に導入される「DOLPHIN(ドルフィン)」は、全長4290mm、全幅1770mm、全高1550mm、重量1520~1580kgと一般的な機械式駐車場(全長5000mm、全幅1800mm、全高1550mm、重量2000kg)に入庫できるサイズ。ドルフィンに近いサイズのモデルは、トヨタ カローラスポーツ、マツダ MAZDA3、フォルクスワーゲン ゴルフなどとなります。

また、ドルフィンは日本向けにサイズや装備などがカスタマイズされています。日本向けドルフィンの主な変更点は以下の5つです。

・全高1550mm(その他の市場では1570mm)
・ウインカーレバーの位置(国産車から乗り換えても違和感のない右ウインカー仕様)
・急速充電CHAdeMOへの対応
・日本語の音声認識への対応
・誤発進抑制システムなどの運転支援システム

このような変更点からも日本での使い勝手を意識していることがわかります。

日本に導入されるグレードは、スタンダードモデル「BYD DOLPHIN」と容量が大きめのバッテリーに高出力モーターを組み合わせた「BYD DOLPHIN Long Range」の2種類。

スタンダードモデルの「BYD DOLPHIN」は、モーター出力70kW/バッテリー容量44.9kWh/航続距離400km(WLTCモード)です。「BYD DOLPHIN Long Range」は、モーター出力150kW/バッテリー容量58.56kWh/航続距離476km(WLTCモード)となります。

BYD DOLPHIN(日本仕様)の主要スペック

【BYD DOLPHINE】

サイズ:全長4290mm/全幅1770mm/全高1550mm
ホイールベース:2700mm
車両重量:1520kg
駆動方式:FWD(前輪駆動)
乗車定員:5名
最小回転半径:5.2m
バッテリー容量:44.9kWh
1充電あたりの航続距離:400km
普通充電:6kW
急速充電(CHAdeMO):65kW
モーターの最高出力(ネット値):70kW(95ps)/3714~1万4000rpm
モーターの最大トルク(ネット値):180Nm(18.4kgm)/0~3714rpm
タイヤサイズ:205/55R16
フロントサスペンション:マクファーソンストラット
リアサスペンション:トーションビーム
フロントブレーキ:ベンチレーテッドディスク
リアブレーキ:ソリッドディスク

【BYD DOLPHIN Long Range】

サイズ:全長4290mm/全幅1770mm/全高1550mm
ホイールベース:2700mm
車両重量:1680kg
駆動方式:FWD(前輪駆動)
乗車定員:5名
最小回転半径:5.2m
バッテリー容量:58.56kWh
1充電あたりの航続距離:476km
普通充電:6kW
急速充電(CHAdeMO):85kW
モーターの最高出力(ネット値):150kW(204ps)/5000~9000rpm
モーターの最大トルク(ネット値):310Nm(31.6kgm)/0~4433rpm
タイヤサイズ:205/55R16
フロントサスペンション:マクファーソンストラット
リアサスペンション:マルチリンク
フロントブレーキ:ベンチレーテッドディスク
リアブレーキ:ソリッドディスク

主な装備やボディカラーなど

【主な装備や運転支援システム・安全装置】

・ナビゲーションパイロット
・アダプティブクルーズコントロール(ACC)
・レーンサポートシステム(LSS)
・レーンキープアシスト(LKA)
・緊急レーンキープアシスト(ELKA)
・車線逸脱警報(LDW)
・車線逸脱防止(LDP)
・車線変更アシスト(LCA)
・車線変更衝突予測警報(LCW)
・標識認識システム(TRS)
・BYD E-CELL(事故自動緊急通報装置)
・リアクロストラフィックアラート(RCTA)
・リアクロストラフィックブレーキ(RCTB)
・パノラミックガラスルーフ(DOLPHIN Long Rangeにのみ標準装備)
※ドライバー注意喚起機能(DAW)
※幼児置き去り検知(CPD)
※誤発進抑制(ペダル踏み間違い時加速抑制装置)
※フロントクロストラフィックアラート(FCTA)
※フロントクロストラフィックブレーキ(FCTB)
(※はDOLPHINから追加された機能)

【ボディカラー】

・DOLPHIN(単色):サンドホワイト(インテリア:ブラック+ブラウン)、アーバングレー(インテリア:ブラック+グレー)、コーラルピンク(インテリア:グレー+ピンク)
・DOLPHIN Long Range(ツートーン):コーラルピンク+アーバングレー(インテリア:グレー+ピンク)、サーフブルー+アーバングレー(インテリア:ブルー+グレー)、アトランティスグレー+ブラック(インテリア:ブラック+グレー)、スキーホワイト+アーバングレー(インテリア:ブラック+グレー)

ドルフィンは2023年9月20日に価格が発表され同日に発売予定

2023年8月末に開催されたメディア試乗会で価格が発表されることはありませんでした。価格は、2023年9月20日に発表されます。また、同日から販売を開始する予定となっています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。