小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

富士フイルムとIBMが世界最大の記録容量50TBを実現したテープストレージシステムを開発

2023.09.09

磁性体をさらに微粒子化して磁気特性を高めた「微粒子ハイブリッド磁性体」を採用

富士フイルムとIBMは、世界最大の記録容量(※1)となる50TB(非圧縮時)のテープ・ストレージ・システムを開発した。

このシステムは、「微粒子ハイブリッド磁性体」を採用した富士フイルム開発の磁気テープ「IBM 3592 JFテープ・カートリッジ」と、IBMの最新世代の「TS1170ドライブ」を組み合わせたエンタープライズ向けのテープ・ストレージ・システムで、IBMよりこのほど発売が開始された。

IoT・DXの進展やAIを用いたビッグデータ解析の普及などにより、世の中のデータ量は爆発的に増加している。

磁気テープは、そんな大容量データを安心、安全、安価に省スペースで保管できるほか、データの保管時に通電を必要としないストレージ・メディアで、増加するデータのアーカイブやバックアップ用途に広く使われている。

エンタープライズ向けテープ・ストレージ・システムは、その堅牢性から官公庁で各種データのバックアップ用途で使用されているほか、研究機関やIT企業で、膨大なデータを活用してシミュレーションを行うハイパフォーマンス・コンピューティング用途や、クラウド・サービス用途などに用いられており、今後もさらに導入が拡大すると予想されている。

世界最大の記録容量となる50TB(非圧縮時)を実現したテープ・ストレージ・システム

今回、富士フイルムとIBMが開発したテープ・ストレージ・システムは、世界最大の記録容量となる50 TB(非圧縮時)、最大150TB(圧縮時)を実現している。

磁気テープの高容量化には、単位面積あたりに記録できるデータ容量の密度を示す面記録密度の向上と、データを記録できる面積を示す記録面積の向上が重要になる。

そこで富士フイルムは、これまでの磁気テープの開発で培った独自技術を進化させることで、面記録密度と記録面積を向上させ、世界最大の記録容量50TBの磁気テープの実用化に成功した。

その主な要因は次のとおり。

面記録密度を向上させた要因

・ナノ粒子設計技術
次世代の磁性体として注目されている「ストロンチウムフェライト磁性体」と、高容量の磁気テープに用いられる「バリウムフェライト磁性体」それぞれに活用されているナノ粒子設計技術を組み合わせた「微粒子ハイブリッド磁性体」を新たに開発。磁性体をさらに微粒子化し、磁気特性を高めた。
・磁性体の高分散技術
高分散技術を活用し、超微粒子の磁性体ひとつひとつの凝集を防止。安定的に磁性体を分散させている。
・薄層塗布技術
磁性層を均一かつ平滑に塗布することで、高い信号ノイズ比を実現した。

記録面積を向上させた要因

・15%伸長したテープ長
磁気テープの支持体に、現行品(※2)より厚みが薄く、強度が高いベースフィルムを採用。データ・カートリッジ1巻あたりのテープの長さを現行品(※2)と比べて約15%伸長した。

富士フイルム 産業機材事業部 次長 永田 敬一氏のコメント

今回、現行品(※2)と比べ2.5倍となる記録容量50TBのテープ・ストレージ・システムをIBMとともに開発・実用化することができました。今回の成果は、IBMとともに進めてきた共同研究開発における新たなマイルストーンであると同時に、他のストレージ・メディアに対する磁気テープの優位性と将来性を示すものであると確信しています。

IBM ストレージ・システム開発担当副社長 Alistair Symon氏のコメント

IBM 3592 JFテープ・カートリッジの先進技術は、パフォーマンスとデータへのアクセス性を維持しながら、ストレージ・コストの最適化に繋がる高密度なストレージを実現します。本テープ・カートリッジは、50TBの記録が可能な初のテープ・ストレージ・メディアで、科学データや産業データ、クラウド上のデータを安全に長期間保管する用途や(保管とデータ活用を両立する)アクティブ・アーカイブ用途に最適な選択肢です。

※1 「Linear Tape Open (LTO)」最新世代LTO-9に対応する磁気テープ の記録容量最大18TB(非圧縮時)と、IBM 「エンタープライズ」現行品「IBM 3592 JE テープ・カートリッジ」に対応する磁気テープの記録容量最大20TB(非圧縮時)との比較において。2023年8月30日時点。「LTO」は、記録容量などの仕様が統一された規格。「エンタープライズ」は、IBMが独自に仕様を定めた規格。
※2 「IBM 3592 JEテープ・カートリッジ」。

関連情報
https://jp.newsroom.ibm.com/2023-08-30-Fujifilm-and-IBM-Develop-50TB-Native-Tape-Storage-System,-Featuring-Worlds-Highest-Data-Storage-Tape-Capacity

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。