みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >クレジットカード特集
  3. >プリペイドとポストペイの違いって知…

プリペイドとポストペイの違いって知ってる?(2014.11.04)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 消費税8%時代になってから、お釣りに小銭が増えたとお嘆きの方は多いはず。そんなことから今、電子マネーの注目度が高まっている。電子マネーとは電子決済サービスのことで、コンビニなどのレジに置いてある端末にかざすだけで支払いができる。スピーディーに決済できるので、SuicaやPASMOを始め、交通系の電子マネーは毎日の通勤に欠かせない存在となっている。

 この電子マネーにはプリペイドタイプとポストペイタイプの2種類がある。プリペイドは前払いのことで、先にカードに現金をチャージしておき、そのお金で商品を購入する。一方、ポストペイは後払いのことで、商品を購入した代金は、クレジットカードなどから後で決済される。まずそれぞれの代表的な電子マネーについて紹介しよう。

 

■プリペイドタイプ
Suica(スイカ)・・・JR東日本が発行。首都圏を中心に、提携する全国のJRや私鉄、駅ビル、コンビニなどで利用可能。
PASMO(パスモ)・・・首都圏の鉄道やバス事業者のICカード。沿線の加盟店のほか、Suicaなど提携する全国エリアで利用できる。
ICOCA(イコカ)・・・JR西日本が発行。コンビニやファミレスなどの加盟店のほか、Suicaなど提携する全国エリアで利用できる。
WAON(ワオン)・・・イオンやマックスバリュのほか、マクドナルドなどの提携店でも利用可。提携店は全国約19万2000か所。
nanaco(ナナコ)・・・全国のセブン-イレブンのほか、イトーヨーカドーやデニーズなどでも使える。加盟店数は約15万か所以上。
楽天Edy(らくてんエディ)・・・全国の主要コンビニやスーパー、ドラッグストア、飲食店チェーンなど、38万か所以上の加盟店で使える。

■ポストペイタイプ
iD(アイディ)・・・ドコモの電子マネー。ファミリーマートやローソン、イオン、ガストなど、全国約54万台で利用できる。
QUICPay(クイックペイ)・・・JCBなどのクレカで利用でき、全国の主要コンビニやスーパー、ドラッグストアなど約35万台で使える。
PiTaPa(ピタパ)・・・関西の私鉄や地下鉄、バスで利用でき、加盟店でも使える。全国の交通系ICカードエリアでも利用可。

 

DSC_1475

■プリペイドタイプのメリットとデメリット
事前にカードにチャージして支払うので、チャージ分以上は使いすぎない。その反面、チャージするのが面倒な場合も。クレジットカードによってはオートチャージすることができる。また電子マネーとクレジットカードの組み合わせによっては、チャージする時と電子マネーを支払う時の両方でポイントが貯まり、お得なケースも。

■ポストペイタイプのメリットとデメリット
少額の支払いでもサインなしで決済でき、クレジットカードのように後でまとめて支払えるので、いちいちチャージする手間がない。その反面、使い過ぎが心配される。

※「PASMO」は株式会社パスモの登録商標です。「PiTaPa」は株式会社スルッとKANSAI」の登録商標です。


文/綿谷禎子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。