小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

まさに無料体験の宝庫!超円安時代におけるアメリカ旅行の穴場スポット「ワシントンDC」の歩き方

2023.09.08

日本人旅行者が素通りしてしまうような場所に、実は本当のアメリカ旅の魅力が隠されているもの。

現地ライターならではの目線で、そんなおすすめのアメリカ旅行先をガイドしていくシリーズ、第7回はニューヨークとロサンゼルスからの小旅行先の穴場をまとめて紹介する。

アフターコロナの超インフレ、超円安の中でビジネスパーソンが出張帰りに立ち寄るべき場所とは?

ようやくコロナ禍での渡航制限、出入国の水際対策も撤廃され、海外旅行熱が止まらないという方もいるのではないだろうか。

また、ここに来て海外出張が増えてきたというビジネスパーソンも多いはず。アメリカの2大都市、ニューヨークとロサンゼルスは、その行き先の代表と言える。

しかし、観光を楽しむにも、この世界的インフレと歴史的円安のダブルパンチで、ただでさえ物価の高いニューヨークとロサンゼルスでは、なかなか豪遊とまでは行かない。地元民行きつけの近隣都市も訪れ、お得に旅気分を味わってはいかがだろう。

ニューヨーク観光の楽しみと言えば、世界的に有名なミュージアムめぐりがある。たとえば、メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)、アメリカ自然史博物館(American Museum of Natural History)、ニューヨーク近代美術館(MoMA)が定番トップ3に挙げられる。ただ、アメリカのミュージアム入場料は馬鹿にならない。

メトロポリタン美術館は30ドル(約4200円)、アメリカ自然史博物館は28ドル(約3920円)、ニューヨーク近代美術館は25ドル(約3500円)かかる。

つまり、この3館だけで、すでにひとり当たり83ドル(約1万1620円)の出費だ。ニューヨークにはそれ以外にも美術や歴史、宇宙、科学など多くの名ミュージアムがそろうが、よほど懐に余裕のある場合を除き、ちょっと躊躇してしまうのでは。そこで推したいのがワシントンDCへの小旅行だ。

ニューヨークからワシントンDCへはおよそ350キロと、日帰りもできるし、週末に1、2泊するにもちょうどいい距離。現時点では飛行機の利用が最速となるが、アムトラック鉄道が誇る高速列車、アセラ(Acela)のチョイスも◎。

片道3時間を切り、空港での待ち時間を考慮すれば飛行機と比べても遜色ない。ちなみに2024年、予定通り高速の新型車両が導入されれば、さらに移動時間は短縮される。

無料体験の宝庫、見どころたくさん!ワシントンDCで大人の修学旅行を

連邦議会議事堂の歴史ある建物は、内部の見学も可能。予約は公式サイトにて

ワシントンDCは言わずと知れたアメリカの首都。ありとあらゆる政府機関に加え、各国の大使館も集まる。街中で警察が目を光らせているため、治安はアメリカ一であろう。これで日本人旅行者も安心して観光できるというもの。

映画やドラマ、メディアで見慣れたホワイトハウス(The White House)、連邦議会議事堂(U.S. Capitol)は、日本の首相官邸や国会議事堂に当たる場所だが、どちらも無料で見学できることはご存じだろうか。

議員の仲介を要するホワイトハウスと違って、議事堂の見学ツアーはなんのゆかりもない旅行者でも簡単に申し込め、しかも内部にまで入れる。歴史や政治に興味がなくても貴重な体験となること請け合いだ。

ホワイトハウスは外観だけであれば、門のすぐ前からいつでも見られるので、必訪スポットであることに変わりない。テレビ画面からは伝わらない、真向かいに陣取るデモ隊や観光客が行き交う広場の様子、黒塗りの車の出入りなどを目の当たりにでき、なかなか興味深い。

何台もの警護カーに挟まれてゴツい車が通る際などは、乗っているのは大統領なのか国賓なのか、いろんな想像がよぎる。

徒歩圏内には、ワシントンDCのシンボルであるナショナル・モール(The National Mall)とワシントン記念塔(Washington Monument)、リンカーン記念館(Lincoln Memorial)も。歴史が動いた瞬間を思い起こさせる、そのすべての場所が入場無料となっている。

ホワイトハウス正面。「ハウス・オブ・カード 野望の階段」など数々の米政治ドラマ・映画の舞台になった、圧巻の佇まい

リンカーン記念館から見下ろすナショナル・モール。公民権運動、反戦運動など、集会や講義活動の場となり、1月20日の大統領就任式も行われる

そして、世界の中でも最高峰、スミソニアンの名だたるミュージアム群を忘れては話にならない。ワシントンDC 内だけで17の施設を有し、しかもすべてが入場無料! 

アメリカのトップオブトップの人気と言える国立航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)を始め、映画「ナイト ミュージアム」の舞台となった国立自然史博物館(Smithsonian National Museum of Natural History)も有名だ。

美術に関心があるなら、ナショナル・ギャラリー・オブ・アート(National Gallery of Art)へ。ダ・ヴィンチやロダンの傑作から、日本人になじみ深い印象派もモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴヤ、セザンヌ、マティス、ピカソ、マネ、ゴーギャンと、錚々たるコレクション。しかも、入場は無料である。教科書レベルの知識しかなくても、大興奮間違いなしであろう。

個人的に訪れる価値ありと思えたのが、スミソニアン国立動物園(Smithsonian’s National Zoo)。注目はパンダである。上野動物園では長蛇の列に1時間並んでも、見られるのはほんの数分だ。

それがここでは行列もなく、愛くるしいパンダのしぐさが見放題。大人も思わず童心にかえり、出張や旅の疲れも吹き飛ぶ癒しの時間となろう。入場無料なので、パンダだけを目当てに、いつでも気軽に立ち寄れるのがうれしい。

旅の最後に、ワシントンDCからポトマック川を越えてすぐのお隣バージニア州で、アーリントン国立墓地(Arlington National Cemetery)と海兵隊戦争記念碑(Marine Corps War Memorial)にもぜひ足を運んでみよう。平和の大切さを実感する今だからこそ、心に響く光景と言える。

国立自然史博物館は混み合う前の早めの入場が望ましい。「呪われた宝石」と呼ばれるホープダイヤモンド、初期人類「ルーシー」からの進化過程の展示は必見!

思いのほか巨大な海兵隊戦争記念碑(硫黄島記念碑)は、有名なピュリッツァー賞受賞写真がモチーフ。間近で見ると迫力満点だ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。