小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

シニアのスマホ利用で初めてLINEがメールを上回る

2023.09.03

NTTドコモの企業内研究所であるモバイル社会研究所では、シニアのSNS・メールに関する調査を実施。回答結果をグラフにまとめて発表した。

本調査は2023年1月に訪問留置法(調査員が訪問し調査を承諾頂いた方に紙で質問票を配り後日回収)で行なわれたものだ。

調査開始以降初めてLINEがメールを上回る

メールとSNSの利用状況を示したグラフが図1になる。調査開始以降初めて、LINEがメールを上回った。メールの利用は大きく下がってはいないで、多くのシニアがメールとLINEを併用していることがわかる。また、Facebook、Twitter、Instagramの利用率は約10%前後で大きな変化は見られなかった。

図1. メール・SNS利用率(関東)

「LINE」「Instagram」は女性が、「メール」「Facebook」「X(Twitter)」は男性が高い傾向

次にLINEとメールの利用率を性年代別に分析してみた。いずれのサービスも60代の方が70代より高いことがわかる。

そして同年代で比較すると「LINE」「Instagram」は女性が、「メール」「Facebook」「X(Twitter)」は男性が高い傾向にあるようだ。

2023年6月15日のレポートで報告したように、男性は女性よりパソコンの利用時間が長く、女性は若干だが男性よりスマホの利用時間が長い。利用している機器の違いがメールとLINEの差と関連していると推察できる。

図2. 性年代別メール・SNS利用率(全国)

関東のシニアはメール・SNSの利用率が高い

最後に地域別の利用率をチェックしてみた。表1のとおり、関東が全サービスで全国平均を上回る利用率となっている。LINEとメールは地域によって、10~20ポイントほど差がある状況だ。

表1. 地域別メール・SNS利用率(全国)

調査概要 「2023年シニア調査」
調査方法/訪問留置調査
調査対象/全国・60~79歳男女
有効回答数/1,350
サンプリング/QUOTA SAMPLING、性別・年齢(5歳刻み)・都道府県の人口分布に比例して割付。
調査時期/2023年1月

関連情報
https://www.moba-ken.jp/whitepaper/

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。