小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

本格スムージー、甘いフラッペ、コンビニの「フローズンドリンク」商戦がアツすぎる!

2023.09.02

暑い季節になると飲みたくなるのが、フローズンドリンク。

定番人気のスタバやマックを抑えて近頃注目度急上昇中なのが、大手コンビニの商品です。

というわけで今回は大手コンビニ3社で買える話題のフローズンドリンクをご紹介!売り場や作り方のレビューもあるのでぜひチェックしてみてください。

※地域や時期、店舗によって商品の取り扱い状況や価格が異なる場合があります。
※一部店舗ではフローズンドリンクの取扱い自体がない場合もあります。

おすすめ①ファミリーマートの「FAMIMA CAFÉ フラッペ」

1つ目のおすすめは、ファミリーマートの「FAMIMA CAFÉ フラッペ」です。

取扱店舗:全国のファミリーマート
ラインナップ:5種類(詳しくは後述)

ファミマのフラッペは人気店とのコラボ商品や季節商品が多く、定期的に新作がリリースされるので楽しみにしているファンも多い人気のフローズンドリンクです。

【売り場】

筆者が買いに行った店舗の場合、売り場は通常アイスが入っている平台の冷凍庫ではなく、アイスコーヒーが売っている縦型冷凍庫の方でした。アイスコーヒーなどと同じように、商品を手に持ってレジで購入しましょう。

【作り方】

すぐに飲みたい場合は、店舗内にあるコーヒーマシンを使用しましょう。

フラッペをレジに持っていって購入→蓋が付いたままよくもむ→コーヒーマシンの「フラッペ」ボタンを押す→ミルクが注がれるので終わったら完成

よく混ぜて飲みましょう!

もし持ち帰って家で飲みたい場合は、同じくもんでから自分で冷たいミルクを注いで作ります。

【ラインナップ】

●ヨーグレットフラッペ(税込350円) ※数量限定

超ロングセラーのラムネ菓子「ヨーグレット」とコラボした限定フラッペ。お菓子のパッケージそのままの見た目もカワイイ。

●メロンフラッペ(税込350円) ※数量限定

2023年7月に発売したばかりの、2種のメロンを贅沢に使用したリッチな限定フラッペ。メロンフラッペ史上最高の果汁と果肉がゴロゴロが入った飲みごたえのある一品です!

飲むと果肉感と芳醇で甘い香りが広がり、コンビニドリンクとは思えない満足感。これは後を引きますね。

今回飲み比べをした3社のフローズンドリンクのなかでもかなりの本格派で、筆者的にはイチオシでした。

●アフタヌーンティーロイヤルミルクティーフラッペ(税込350円)

人気カフェチェーン「Afternoon Tea」監修。本格ミルクティーフレーバーが上品なフラッペ。2021年8月に期間限定で販売し好評のうちに終了していたところ、お客さま相談室に寄せられた復活希望コメントがフラッペシリーズ史上最高だったため、このたび蘇ったというもはや殿堂入りともいえる一品。細かく砕いたミルクティー味の滑らかなかき氷には紅茶味のクッキーが入っており、サクサクとした食感も楽しめる。

●カフェフラッペ(税込330円)

ファミマの定番人気フラッペ。 “コーヒー感” の秘密は、厳選されたコーヒー豆のエキスと微粉砕コーヒー入りソースということ。暑い日や仕事の合間に疲れたときに、リフレッシュできる安心の味。

●ストロベリーフラッペ(税込340円)

ファミマの定番人気フラッペ。ゴロゴロの果肉とたっぷりの果汁が入ったジューシーさが味わえる。

<3週連続金曜日限定フラッペ100円引きキャンペーン実施中!>

ファミマではフラッペの累計売上総数2億6千万杯突破を記念して、猛暑に嬉しい期間限定キャンペーンを開催中!8月11日より毎週金曜日限定で、フラッペ各種がなんと100円引き。本格フラッペが250円程度で食べられるので、かなりおトクでおすすめのキャンペーンです。

●対象日:2023年8月11日(金)、8月18日(金)、8月25日(金)
●対象商品:フラッペ各種

※宮崎県、鹿児島県、沖縄県はキャンペーン対象外

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。