小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ケンウッドが斜め後方にいる車両の接近を警告する機能を搭載したデジタルルームミラー型ドライブレコーダー「DRV-EM4800」を発売

2023.08.28

JVCケンウッドは同社が展開するKENWOODブランドより、前方・後方の同時撮影に対応するデジタルルームミラー型ドライブレコーダー“ミラレコ”「DRV-EM4800」を9月下旬から発売を開始する。価格はオープン価格。予想実勢価格は約5万4100円。

DRV-EM4800は、大画面12V型IPS液晶を採用したデジタルルームミラーを搭載する前後撮影対応2カメラドライブレコーダー。ドライブレコーダーとして前方・後方の走行映像の録画を行なうとともに、デジタルルームミラーとしてリアカメラで撮影する映像をリアルタイムに高画質で大画面に映し出す。荷物や車体などで生じる死角が少なく、広い視界で後方確認が可能だ。

その主な特徴は以下のとおり。

リアカメラの高画質映像を大画面12型IPS液晶に映し出す

 

リアカメラで撮影する高画質映像をリアルタイムに大画面12型IPS液晶のデジタルルームミラーに映し出し、荷物や車体などで生じる死角の少ない後方確認が可能。

映像を6段階で拡大できる「表示画角調整機能※1」を新搭載

画像はイメージです

デジタルルームミラーに表示するリアカメラの映像を6段階で拡大できる「表示画角調整機能※1」を新搭載。広角レンズによる遠近感の強調を調整することができ、後方車との距離感を把握しやすくなった。
※1:「表示画角調整機能」は標準の映像(1.0×)を拡大処理するため、倍率を上げると解像度は下がります。

独自の映像・車載技術でチューニングした「Hi-CLEAR TUNE」により、総合的に画質および機能を向上

同社がドライブレコーダーの開発において長年にわたり培ってきた独自の映像技術と車載技術を組み込み、チューニングを行った「Hi-CLEAR TUNE(ハイクリアチューン)」により、総合的に画質や機能を向上させ、映像性能および機能性を強化。デジタルルームミラーの映像表示においても自然でクリアな画質表示を実現している。

明るく低ノイズで色再現性に優れたCMOSセンサー「PureCel Plus」を新採用

前後2カメラに明るく、低ノイズで、色再現性に優れた裏面照射型CMOSセンサー「PureCel Plus」を新採用。夜間やトンネル内など暗いシーンでは明るくノイズの少ない映像で撮影し、明るいシーンでは色再現性に優れた映像の撮影が可能だ。


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2023年9月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ハンディーボディケア」、特集は「Google超研究」「腰痛対策の極意」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。