小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日本人の半数以上は遺伝的に苦手だった!?パクチーを石鹸のような風味に感じる原因

2023.08.24

香草の一種であるパクチー。英語では「コリアンダー」、中国語では「香菜(シャンツァイ)」と呼ばれ、もともと和名では「コエンドロ」と呼ばれていたが、今はタイ語の「パクチー」という名称が日本でも一般的になってきた。

葉や茎の部分は独特の芳香を持っていて、世界中のさまざまな料理に用いられている。パクチーは食品の中では珍しく、好き嫌いがはっきりと分かれる食材だという。

食品の好き嫌いには味や匂いといった風味の感じ方が影響すると考えられていて、実際、パクチーを好きな人はパクチーを新鮮で香ばしい柑橘系の風味と感じる一方で、パクチーが嫌いな人は石鹸のような風味と感じると言われている。

このパクチーの独特な芳香は脂肪族アルデヒドによるものだ。アルデヒドは脂肪臭とも呼ばれ、脂っこく、鼻に残るような匂いがする。

代表的なアルデヒドには、シックハウス症候群の原因と考えられている「ホルムアルデヒド」、アルコール代謝で発生する「アセトアルデヒド」などがある。

また、アルデヒドは香料として香水を作る際にも使われ、他の香料と上手く組み合わせると魅惑的な香りに仕上げることも可能だ。身近なものでは石鹸にも使われているため、アルデヒドが含まれたパクチーを石鹸のような味と感じる人がいると考えられる。

ユーグレナは、ユーグレナ・マイヘルスとジーンクエストの遺伝子解析サービスの利用者の中から20,000人以上のゲノムデータを用いて、パクチーを食べた時に「石鹸のような味」と感じやすいかどうかに関する項目「パクチーの味の感じ方(SNP:rs72921001)」に注目し、解析した。

なぜ石鹸のような味と感じるのか?遺伝子型との関連

2012年に「Flavour」誌で発表された論文によると、アメリカの遺伝子解析サービスを行う23andMe社による研究で、同社の遺伝子解析サービスのユーザーを対象に、主に「パクチーに石鹸のような味を感じるか」と、「パクチーの味が好きかどうか」の2つの質問をした。

この回答と遺伝子解析結果を用い、パクチーの味の感じ方に関連する遺伝子型がないか探索したところ、匂い物質の感知に関係する遺伝子(嗅覚受容体遺伝子)群の中にある遺伝子型「SNP:rs72921001」がパクチーの独特な芳香の感受性に関連していることが明らかに。

SNP:rs72921001という遺伝子型で「C」を持っているほど、パクチーを石鹸のような味と感じやすい傾向があり、パクチーを苦手だと感じる人が多いということ。

遺伝子型「SNP:rs72921001」の付近に存在するOR6A2という遺伝子はパクチーの独特な芳香の成分であるアルデヒドの感知に関連していることが知られており、パクチーの匂いを感知する役割があるのかもしれない。※

※ 根拠とする文献は次の通りです。Eriksson N et al. (2012) “A genetic variant near olfactory receptor genes influences cilantro preference.” Flavour 1:22.

遺伝子解析項目「パクチーの味の感じ方(SNP:rs72921001)」には3つの遺伝子型があり、「パクチーが苦手な可能性はより低めのタイプ(遺伝子型:AA)」、「パクチーが苦手な可能性は低めのタイプ(遺伝子型:AC)」、「一般的なタイプ(遺伝子型:CC)」に分けられる。

パクチーの味が苦手だと感じる遺伝子タイプが多い都道府県ランキング

今回の調査では、パクチーを食べた時に石鹸のような味と感じる「一般的なタイプ(遺伝子型:CC)」に該当する人の割合を都道府県(出生地)別に算出し、数値化。

上記の解析結果より、パクチーの味が苦手だと感じる遺伝子タイプの人の割合が相対的に高い都道府県は、1位 福井県、2位 熊本県、3位 三重県、4位 和歌山県、5位 群馬県、6位 沖縄県、7位 滋賀県、8位 山梨県、9位 神奈川県、10位 兵庫県となった。

今回の調査で、パクチーを食べた時に石鹸のような味と感じる「一般的なタイプ(遺伝子型:CC)」に該当する日本人の割合は52.9%であった。つまり、日本人の半数以上は遺伝的にパクチーが苦手だと推測できる。

さらに、「一般的なタイプ(遺伝子型:CC)」に該当する人の割合を人種別にみてみると、割合が多い順に、アフリカ集団(64%)、東アジア集団(47%)、ヨーロッパ集団(39%)、南アジア集団(34%)などという結果となり、人種によってもパクチーの味が苦手だと感じる遺伝子タイプの割合に差があることが分かった。

自身のタイプが気になる人は、この機会に「遺伝子解析サービス」でチェックしてみてはいかがだろう。

調査概要
調査方法:ゲノムデータの解析をもとに調査
調査対象:「ユーグレナ・マイヘルス 遺伝子解析サービス」、「ジーンクエストALL」の利用者
対象者数:ゲノムデータ:21,371人
調査時期:2023年7月
調査項目:ゲノムデータ「パクチーの味の感じ方(SNP:rs72921001)」の項目について、パクチーを食べた時に石鹸のような味と感じる「一般的なタイプ(遺伝子型:CC)」に該当する人の割合を都道府県ごとに算出

関連情報
https://myhealth.euglena.jp/products/gene_analysis/

構成/Ara

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。