小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

YouTubeが誤った医療情報に関するポリシーの長期的なビジョンを発表

2023.08.22

自由な議論の場を確保しながら有害なコンテンツは適切に削除

YouTubeは、今後絶えず更新されていく医療情報および、各地の保健当局や国際的な保健機関のガイダンスに従って対応できるように、これまでの知見を基に、既存の誤った医療情報に関するポリシーの整理を実行。長期的なビジョンとして発表した。

以下、その内容を要約してお伝えする。

YouTube は、質の高い医療 / 健康関連の情報源によるコンテンツが集まる場所となるべく、各地の保健当局や国際的な保健機関のガイダンスに従って、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)、ワクチン、リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)、有害物質など、現実の世界で深刻な危害を与える可能性のあるトピックに関するコミュニティガイドラインの作成について、多くの重要な学びを得てきた。

そしてこの度、クリエイター、視聴者、パートナーのために、これまでの知見に基づき、誤った医療情報への対応を整理した。

誤情報も含め、医療情報は絶えず変化する。そのため YouTube は、長期的に通用するポリシーのフレームワークを確立し、自由な議論の場を確保しつつ、著しく有害なコンテンツは適切に削除するという重要なバランスを維持していく必要がある。

一方、十分に研究が進み、科学的コンセンサスが取れている分野については、有害な情報が YouTube上に公開されていないことを目指す。

今後、YouTube は、既存の誤った医療情報に関するポリシーを、予防、治療、事実の否定という 3 つのカテゴリーに分けて整理を行なう。これらのポリシーは、各地の保健当局や世界保健機関(WHO)の情報と矛盾する、特定の健康状態、治療法、物質についてのコンテンツに適用される。

新しいポリシーフレームワークは、以下のとおり。

予防に関する誤った情報

特定の健康状態の予防または感染、現在承認および接種されているワクチンの安全性、有効性、成分に関して、保健当局のガイダンスと矛盾する情報を宣伝するコンテンツを削除する。例えば、予防方法として有害な物質を宣伝するようなコンテンツが該当する。

治療に関する誤った情報

有害な物質や行為を宣伝するなど、特定の健康状態に対する治療法について、保健当局のガイダンスと矛盾する内容を伝えるコンテンツを削除する。例えば、がん治療薬として塩化セシウムを宣伝するといった、専門的な治療を受けるべき特定の健康状態に対して実証されていない治療法を勧めているコンテンツが該当する。

事実を否定する誤った情報

特定の健康状態の存在を否定するコンテンツを削除する。例えば、COVID-19 で死亡した人の存在を否定するコンテンツが該当する。

がんの治療法に関する誤った情報の削除について

がんは、世界的に最も多い死因の一つで、各地の保健当局および国際的な保健機関の間で安全ながんの治療法について確かなコンセンサスが取れていると共に、誤った情報が広まりやすいトピックであることから、公衆衛生上のリスクが高い疾患と言える。そのため、YouTubeは、がんの治療法に関する誤った情報を新しいフレームワークの適用対象とした。

これにより有害、または有効でないことが確認されているがんの治療法を推奨するコンテンツや、視聴者に専門的な治療を受けないよう勧めるコンテンツが削除される。

がんの承認された治療法よりも代替治療法の方が安全または有効であると主張したり、がんの治療のために有害、または有効でないことが保健当局から確認されている治療法を推奨するコンテンツが、これに該当する。

例えば、「ニンニクでがんが治る」や「放射線治療の代わりにビタミン C を摂取しよう」等の動画は削除される。

科学と医学の進歩には、討論や議論が極めて重要だ。YouTube がポリシーを適用する際は、必ずコンテキスト(追加情報や視聴者への説明)を慎重に検討し、教育、ドキュメンタリー、科学、芸術(EDSA)のコンテキストを持つコンテンツは許容される。

考慮している要素の一つは、公共の利益だ。つまり、十分に公共の利益になるコンテンツは、その他の点でポリシーに違反していたとしても削除しない場合がある。

例えば、保健当局のガイダンスに異議を唱える公聴会の様子や、演説の中で国政選挙の候補者が保健当局のガイダンスについてコメントする動画、また紛争下や人道的危機が起きている地域の生々しい映像が、そのようなコンテンツに該当する。

個人の体験談や、特定の医療研究の結果について議論するコンテンツも対処の例外となる可能性がある。一部のコンテンツには年齢制限を設けたり、視聴者に向けて動画の下に注意を表示することがある。一方で、コンテキストを足すことでコンテンツが必ずしも許可されるとは限らない。

同社では「YouTube は、明確かつ透明性のあるアプローチを通じて、クリエイターがポリシーの境界線を理解した上でコンテンツを作成し、視聴者が YouTube 上で見つけた医療 / 健康情報を信用できるプラットフォームを目指します」とコメントしている。

関連情報
https://youtube-jp.googleblog.com/2023/08/a-long-term-vision-for-medical-misinformation-policies.html

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。