小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

米国の旅行関連株が堅調に推移している要因は?

2023.08.21

米旅行関連株が堅調に推移している。その要因は一体何か。また好調は、今後も継続するのか。

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、チーフリサーチストラテジストの石井康之氏による「米旅行関連株は好決算で絶好調 コト消費ブームや中国の団体旅行拡大で堅調な旅行需要が続く」と題したマーケットレポートを公開した。

米旅行関連株は極めて堅調

米国の旅行関連株が極めて堅調だ。米株式市場は今年に入り、米国景気のソフトランディング期待から堅調な展開となっている。中でも米旅行関連株は、持続的なリベンジ旅行需要やクルーズ船ツアーの回復から好調ぶりが際立っている。

S&P500種株価指数でみると、ホテル、リゾート、クルーズ船などで構成する指数は、2022年末からの上昇率が+51.5%と、市場全体の+18.1%を大幅に上回った(8月14日時点)。

23年4-6月期決算が好調

米旅行関連株が力強く上昇している背景には、コロナ禍で抑え込まれたリベンジ旅行需要が依然として持続していることがある。需要増に伴う値上げも収益改善につながり、旅行関連企業の23年4-6月期決算は好調で、利益見通しの上方修正が相次いでいる。

オンライン旅行会社のブッキング・ホールディングスの4-6月期決算は、米国人の海外旅行が好調で、売上高が前年同期比+27%、純利益が同+51%となった。同社は、23年通期の1株当たり利益(EPS)見通しを引き上げた。

ホテル大手のマリオット・インターナショナルの4-6月期決算は、アジアと欧州を中心とした海外旅行需要が堅調で、売上高が同+14%、純利益が同+7%となった。通期のEPS見通しは上方修正された。

クルーズ船のロイヤル・カリビアンの4-6月期決算は、売上高が同+61%と、コロナ禍の落ち込みから急回復し、純利益が黒字転換した。通期のEPS見通しも大幅に引き上げられた。

【今後の展開】コト消費ブームや中国の団体旅行拡大で堅調な旅行需要が続く

これらの企業は、4-6月期決算報告における先行きの業績見通しで、引き続き堅調な旅行需要が続くとの見通しを示している。

楽観的な見通しの背景には、各国が相次いで新型コロナウイルスの感染対策を緩和した後、モノよりも体験を楽しむ「コト消費」の流れが世界的に強まっていることがあると考えられる。

代表的なコト消費である旅行に対する需要は、航空券や宿泊費が値上がりするなかでも、強いとみられる。

加えて、中国政府が8月10日に、日米欧を含む世界78カ国・地域への団体旅行を新たに解禁したことも追い風となりそうだ。今後、中国人の海外旅行者数が一段と回復すると見込まれることもあり、世界的に堅調な旅行需要は続くと思われる。

※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。