小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

タイガー魔法瓶が洗いやすさと軽さを追求した真空断熱ボトル「MMP-Wシリーズ」「MMZ-Wシリーズ」を発売

2023.08.23

タイガー魔法瓶は、パッキン一体型せんを搭載した「真空断熱ボトル MMP-W020/W030」と「真空断熱ボトル MMZ-W035/W050/W060」を9月1日に発売する。

「MMP-Wシリーズ」がコンパクトモデル、「MMZ-Wシリーズ」がスタンダートモデルで、実用量は「MMP-W020」が0.2L、「MMP-W030」が0.3L、「MMZ-W035」が0.35L、「MMZ-W050」が0.5L、「MMZ-W060」が0.6L。価格は「MMP-W020」が6,050円、「MMP-W030」が6,600円、「MMZ-W035」が6,380円、「MMZ-W050」が6,930円、「MMZ-W060」が7,480円となる。

↑MMP-W020(0.2L)

↑MMP-W030(0.3L)

↑MMZ-W035(0.35L)

↑MMZ-W050(0.5L)

↑MMZ-W060(0.6L)

いずれも、“洗いやすさ”はもちろん、 “軽さ”にもこだわった真空断熱ボトル。同社が実施した調査(※1)によると、真空断熱ボトルに対する不満点の上位は「水筒の中が洗いづらい(26.5%)」「せんが洗いづらい(23.6%)」「重い(13.0%)」という結果に。そこで同社は、この3つの不満点を解決する「真空断熱ボトル MMP-W020/W030」と「真空断熱ボトル MMZ-W035/W050/W060」の開発に至ったという。

まず注目なのが、タイガー魔法瓶“初”のせんとパッキンが一体となった「らくらくキャップ」を採用したところ。パッキンを取り外す必要がないので、お手入れしやすいのはもちろん、ネジの位置が上部に露出しており、洗いやすく、においも残りにくい構造となっている。

また、お手入れ部品の点数はたったの2点で、すべて食器洗い乾燥機対応しているのも嬉しいポイント。サッとボトルの中を洗い流した後、本体もせんも食器洗い乾燥機に入れるだけでOKなので、簡単にお手入れできるのだ。

さらに、ボトルの内面には、環境負荷の高いフッ素コートを使わず、同等レベルの防染を独自の電解研磨技術「スーパークリーンPlus(プラス)」加工により実現しているのも特徴。

サビにも強いため、スポーツドリンクを入れてもOKだ(同社では、使用後はすぐに水ですすぐなど、お手入れするようアナウンスしている)。

このほか、ボトル本体は独自のスピニング加工により、内筒を極限まで薄く加工したことで、軽量化に成功。パッキン一体型スクリューマグボトルにおいて最軽量(※3)を実現しており、持ち運びもラクラクだ。

※1 調査対象:全国の20~60代男女(真空断熱ボトル利用者)1,073名/調査期間:2022年5月31日~6月6日/調査方法:インターネット調査(同社調べ)
※2 2023年8月1日時点。国内パッキン一体型せん採用のスクリューマグボトルにおいて、同容量製品と比較した場合(同社調べ)

製品情報
https://www.tiger-corporation.com/ja/jpn/product/vacuum-insulated-products/mmp-w/
https://www.tiger-corporation.com/ja/jpn/product/vacuum-insulated-products/mmz-w/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。