小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

上質感のあるインテリア、抜群の安定性とハンドリングが魅力のメルセデス・ベンツのミドルサイズSUV「GLC 220d 4MATIC」

2023.08.20

「GLC」は2015年にデビューしたプレミアムミドルサイズのSUV。デビュー後、2020年と2021年にはメルセデス・ベンツのSUVの中で、ベストセラーになっている。全世界での累計販売台数は260万台をオーバーするヒット作だ。「GLシリーズ」のSUVは「GLA」「GLB」「GLC」「GLE」「GLS」がある。

 その「GLC」が初めてのフルモデルチェンジをして日本に上陸した。ニューモデルは、全幅は1890mmと変わっていないが、ホイールベースは15mm、全長は50mm長くなっている。スタイリングはフロントデザインが標準仕様で、グリルを縁取るクロームトリムをアンダーガード調のクロームトリムが特徴。AMGラインは立体的なメルセデスマークのスリーポインテッドスターと、開口部の大きなフロントバンパーが存在感を強調している。このAMGラインパッケージは60万円のオプションだ。

高級感を感じさせるインテリア

サイドラインはエッジやラインを大幅に減らし、曲面を強調している。さらにウインドラインはリアにかけてなだらかに上昇させ、スポーティさを演出している。リアビューはコンビネーションランプをスリムにし、バンパー内蔵でクロームトリムのエクゾーストエンドが左右に出ている。

 内装も新しいデザインになった。ダッシュボードは上下に完全に分かれている。上の部分は横長の液晶パネルだ。ドライバーの正面には速度やエンジン回転が表示される。そのパターンもジェントル/スポーティ/クラシックと3つのデザインと、ナビゲーション/アシスタンス/サービス/オフロードの4つのモードを選択することができる。試乗中はスポーティとナビゲーションのモードを多用した。ちなみにスポーティで表示されるエンジン回転計は6000回転がリミットで4600回転からレッドゾーン。「GLC」はデーゼル車のみの販売となっている。

 パワーユニットは、直列4気筒2.0ℓのディーゼルターボを搭載している。エンジンと中速トランスミッションの間にマイルドハイブリッドシステムを配置。マイルドハイブリッドは、最大で23PS、200Nmのブーストが可能で、モーターによりスムーズな発進や加速が得られる。2.0ℓディーゼルエンジンも、表記上は先代の2.0ℓディーゼルと同じだが、実際はクランクシャフトの形状を新しくしたことで、1950ccから1992ccに排気量がアップ。さらにピストン素材を新しくしたことで冷却効果も高められているので新設計に近い。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。