小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1000人に聞いた「次に買い替えたいクルマ」TOP3、3位アルファード、2位N-BOX、1位は?

2023.08.08

移動の手段として、そして、ライフスタイルを形成する重要なアイテムの一つとして、多くの人の生活に欠かせない車。では、様々なボディタイプや車種がある中で、今カーユーザーからもっとも人気の高いものはいったい何だろうか?

ソニー損害保険はこのほど、自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳~59歳の男女を対象に「全国カーライフ実態調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効回答を得た。ここでは、同調査の中から「今乗っている車・次に乗りたい車」に関する回答結果を抜粋し紹介する。

今乗っている車 1位「軽自動車」、2位「コンパクトカー」、40代男性の1位は「ミニバン」

全回答者1,000名に、主に運転している車のボディタイプを聞いたところ、「軽自動車」(34.7%)が最も多くなり、「コンパクトカー」(17.9%)、「ミニバン」(16.1%)、「SUV・クロカン」(12.9%)、「ステーションワゴン」(7.9%)が続いた。

男女別にみると、女性では「軽自動車」が45.2%と、男性(24.2%)と比べて21.0ポイント高くなった。男女・年代別にみると、10代・20代女性では「軽自動車」(55.2%)が半数を超えた。外装・内装のデザインや燃費の良さ、維持費の安さなどが、若年女性ドライバーに選ばれる理由となっているのではないだろうか。

また、40代男性では「ミニバン」(25.6%)が最も多くなった。室内空間が広くファミリーカーに適したミニバンを選ぶ40代男性が多いようだ。

過去の調査結果と比較すると、「SUV・クロカン」は2021年8.0%、2022年12.1%、2023年12.9%と、上昇傾向が継続する結果となった。デザイン性と実用性、走行性能の高さを兼ね備えたSUV・クロカンの人気が高まっているようだ。

また、主に運転している車のエンジン・モーターのタイプを聞いたところ、「ガソリン自動車」(71.1%)が突出して多くなり、「ハイブリッド自動車(HV)」(19.0%)、「クリーンディーゼル自動車(CDV)」(3.5%)、「プラグインハイブリッド自動車(PHV)」(1.3%)、「電気自動車(EV)」(1.1%)が続いた。(図14)

次に車を買替える時に購入したい車 「プリウス(トヨタ)」が大きく順位を上げ1位に

全回答者1,000名に、次に買替える時に購入したい車について質問した。

購入したい車のエンジン・モーターのタイプについて、回答をみると、「ハイブリッド自動車(HV)」(39.1%)が最も多くなり、「ガソリン自動車」(38.5%)、「電気自動車(EV)」(10.9%)、「プラグインハイブリッド自動車(PHV)」(7.0%)、「クリーンディーゼル自動車(CDV)」(4.1%)が続いた(※5)。

過去の調査結果と比較すると、「ハイブリッド自動車(HV)」は2021年34.8%、2022年37.5%、2023年39.1%と2年連続で上昇した。近年ハイブリッドシステムを採用する車種が増え、ハイブリット自動車の燃費の良さなどに魅力を感じる方にとって、選択の幅が広がっているのではないだろうか。

最も購入したいと思う車(車種)を聞いたところ、1位「プリウス(トヨタ)」(4.6%)、2位「N-BOX(ホンダ)」(4.1%)、3位「アルファード(トヨタ)」(3.4%)、4位「ヴォクシー(トヨタ)」(2.9%)、5位「アクア(トヨタ)」「シエンタ(トヨタ)」「セレナ(日産)」(いずれも2.8%)となった。

男女別にみると、男性では1位「プリウス(トヨタ)」(5.5%)、2位「アルファード(トヨタ)」(5.0%)、3位「N-BOX(ホンダ)」「ヴォクシー(トヨタ)」(いずれも3.7%)、5位「アクア(トヨタ)」「セレナ(日産)」(いずれも3.2%)、女性では1位「N-BOX(ホンダ)」(4.6%)、2位「プリウス(トヨタ)」「タント(ダイハツ)」(いずれも3.6%)、4位「フリード(ホンダ)」(2.8%)、5位「シエンタ(トヨタ)」「ルーミー(トヨタ)」(いずれも2.6%)となった。

過去の調査結果と比較すると、昨年まで3年連続1位だった「N-BOX(ホンダ)」は今年2位と順位を下げ、昨年7位だった「プリウス(トヨタ)」が今年1位となった。また、「セレナ(日産)」は昨年38位から今年5位と大幅上昇し、「シエンタ(トヨタ)」も昨年11位から今年5位と大きく順位を上げた。2022年にモデルチェンジが行われた車種が人気となっているようだ。(図16,17,18)

出典元:ソニー損害保険株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。