小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホンダがライフスタイルに合わせて選べる新型「N-BOX」の情報を先行公開

2023.08.07

ホンダは、22023年秋発売予定の新型「N-BOX(エヌボックス)」に関する情報を、8月3日、同社の特設サイトにて先行公開した。発売に先駆け、先行予約の受付を8月に開始するとしている。

この3代目となる新型N-BOXは、自分や家族のため、友人のためにしたいことなど、使う人のさまざまな目的に応えることで、N-BOXに乗る全ての人にとって幸せな時間を提供できる存在となることを目指して開発された。

そのエクステリアは、安定感のある四角いフォルムを基本に、造形そのものから上質さが感じられるデザインとし、大切な人と過ごす時間を引き立てる存在となることを目指した。インテリアは、開放感のあるすっきりとした視界にすることで運転しやすく、居心地の良い空間を実現した。

またシンプルで街になじむ、親しみを感じさせるデザインのN-BOX、品格のある佇まいと高性能を感じさせるデザインのN-BOX CUSTOMの2タイプを設定、ユーザーのライフスタイルに合わせて選ぶことができるようになっている。

エクステリアデザイン

N-BOX ファッションスタイル

N-BOXは、丸穴デザインのフロントグリルや人の瞳を想起させる造形のヘッドライトを使用し、シンプルと親しみやすさを表現している。

また、オフホワイトのドアミラーやアウタードアハンドル、ボディと同色のフルホイールキャップを採用した、自分らしさを表現したい、より個性を求めるユーザーに応えるパッケージ「ファッションスタイル」を新たに設定した。

N-BOX CUSTOM ターボ コーディネートスタイル

そしてN-BOX CUSTOMは、立体感のある緻密な造形のフロントグリル、フロントの横一文字ライト、ダイレクトプロジェクション式LEDヘッドライト(Honda初)を採用。

また歴代モデルで築いてきたN-BOX CUSTOMらしいクリアレンズのリアコンビネーションランプ、ロー&ワイドな見え方と空力性能を考慮した専用のエアロデザインにより、品格のある佇まいと性能の高さを表現している。

また、存在感のある個性を求めるユーザーに応えるパッケージ「コーディネートスタイル」を設定した。ダーククロームメッキ加飾のフロントグリルやリアライセンスガーニッシュ、ブラックアルミホイールなどを採用するとともに、モノトーンカラーに加えルーフカラーをブラックにしたツートーンカラーを選択できる。

インテリアデザイン

自宅のリビングで家族や友人と楽しく集うような、居心地の良い空間を実現。後席のトランクサイドライニングの一部にグリップ形状のくぼみを設けることで、小さい子供や高齢の方がしっかりグリップを握ることができ、乗り降りしやすくなった。

コーディネートスタイル

7インチTFT液晶メーター

さらに、Honda SENSINGの機能や各種情報を見やすく、分かりやすく表示する7インチTFT液晶メーター(Honda軽乗用車初)や荷物をひとまとめにしまえる大型のグローブボックス、後席の大型のサイドポケットなどを採用し、使い勝手を向上させた。

パッケージング

N-BOX

現行モデルの特長である、Honda独自のM・M思想(※)に基づく、センタータンクレイアウトにより実現した軽乗用車最大級の室内空間や高いアイポイントはそのままに、ノイズレスな視界を追求し、見通しがよく運転しやすい視界を実現。

インストルメントパネルは水平基調を引き立てたデザインとすることで、運転者が車幅やロール姿勢をつかみやすいように設計した。

また左側フロントピラーの内側に設置していた2つのミラーのうち、サイドアンダーミラーをドアミラーに移設。左前方の視界や後退駐車時の安心感を向上させた。

※マン・マキシマム/メカ・ミニマム思想。人間のためのスペースは最大に、機械のためのスペースは最小限にして、クルマのスペース効率を高めようとする、ホンダのクルマづくりの基本的な考え方

関連情報:https://www.honda.co.jp/Nbox/new/

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。