小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

幅わずか210mmの筐体で4K解像度、2300ANSIルーメン、低遅延4.2msを実現したNOMVDICのホームプロジェクター「P1000」

2023.08.06

米国発のホームエンターテインメントブランド、NOMVDIC(ノメディック)から4K UHD ホームプロジェクター「P1000」が発売された。Amazonでの価格は19万9000円(8/31まで期間限定価格として17万9000円で販売)。

2300ANSIルーメンの明るさと豊かな色彩で描く4K映像

ホームプロジェクター「P1000」は4K解像度と2300 ANSIルーメンの明るさが特徴。映画鑑賞の際に、明るい環境でもはっきりとした映像を楽しむことができ、周囲の照明条件を気にすることなく視聴できる。

色彩については、REC.709の色域を125%カバーしていることにより、同社では市場の大半のLEDプロジェクターと比べて、鮮やかでリアルな視覚体験を提供すると説明している。

クリアな映像、高いコントラスト、業界最低水準の4.2ミリ秒入力遅延

ゲーム体験の品質向上を重視して開発されたP1000は、圧倒的にクリアで、ハイコントラスト、低入力遅延の映像を提供する。HDR10とHLGに対応し、業界で先駆的な Texas Instruments社の0.65インチDMDチップを活用してコントラスト比を大幅に改善している。

これにより暗い場所でも、詳細を明瞭に描写して、視聴体験を向上させるほか、わずか4.2ミリ秒の業界最低水準の入力遅延を提供。スムーズなリアルタイムのゲーム体験を実現している。

自動垂直・水平台形補正、オートフォーカス

現代的なエンターテインメント機器には欠かせないポータビリティを考慮して、P1000には隠しハンドルを装備。さらに、NOMVDICの独自のAI画像最適化技術も取り入れられている。

これには、自動垂直.水平台形補正、オートフォーカス などが含まれ、プロジェクターを移動した際にすぐにクリアな映像が投影できる設計となっている。

従来のデジタルズームとは異なる1.2倍の光学ズーム機能により、画像解像度を損なうことなく投影サイズを拡大できるため、スペースを有効活用することができる。

P1000の主な仕様

解像度/3840×2160 4K UHD
明るさ(ANSI ルーメン)/2300
光源 & 光源寿命/LED RGB 30000hrs
スローレシオ/0.68-0.83 (100″@1.52m)
投影距離/0.91〜3.27m
投影サイズ/60″~180″
台形補正/H: +/-40°, V: +/-40°
HDMI/1 (HDMI 2.0/ HDCP 2.2)
USB Type C(映像/音声/電源)/1 (5V/1A)
USB Type A(映像/音声/電源)/1 (USB 2.0 Reader、5V/1A power outputと共有)
Wi-Fi 入力/1 (5GHz)
Bluetooth/入力&出力 (BT4.2)
スピーカー/Harman Kardon 6W Cube x2
供給電源&消費電力/電源アダプター:Input: 100~240V、Output: 20VDC / 9A、消費電力 : 通常160W, スタンバイモード < 0.5W
本体サイズ/幅210×奥行き210×高さ177mm、3.1 kg

関連情報
https://nomvdic.io

構成/清水眞希

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。