小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

8月は難しい?米国株投資をするなら知っておきたい「夏枯れ相場」の原因と対策

2023.08.05

米国株式市場には「夏枯れ相場」という言葉がありますが、例年8月の米国株は難しい時期を迎えます。夏枯れ相場になると、一般的に市場の活気が低下し、取引量が減少する傾向があります。

投資家にとっては、この時期の市場動向や傾向を理解し、適切な対策を講じることがマーケットに対しての重要な投資態度ではないでしょうか。

そこで今回は夏枯れ相場の特徴、原因、対策と8月のS&P500のパフォーマンスについて解説していきます。

夏枯れ相場の特徴

夏枯れ相場は、一般的に6月から8月にかけての期間に見られます。

この時期の特徴として、以下のような特徴が挙げられます。

【取引量の減少】

夏季休暇を取る投資家や企業が増えるため、取引量が減少します。特にウォール街のトレーダーなどが休暇を取るため、市場の流動性が低下し、価格変動が鈍くなることがあります。

【企業の発表が少ない】

企業の四半期決算発表などが7月下旬に集中し、8月は重要な情報が多くありません。

これにより、投資家の情報収集が乏しい時期となるため、市場に対するリスク回避が高まる傾向があります。

【株式市場の季節性アノマリー】

季節性アノマリーとは、明確な根拠を説明しにくい株価変動の経験則です。

一部の投資家は、夏枯れ相場が例年訪れることを予測しており、事前にポジションを整理することでリスク回避を図ります。これが相場の変動を一層鈍らせる要因となることがあります。

夏枯れ相場の天候・政治的要因

夏枯れ相場の原因には、以下のような要因が挙げられます。

【季節的な要因】

夏季はサマーバケーションなどで一般的にビジネスが減少し、市場参加者の関心が低くなる傾向があります。これにより、市場の活気が低下し、取引量が減少する傾向が強まります。

【気候要因】

夏には天候による自然災害の発生が増えることがあります。ハリケーンや台風などの自然災害は、企業の業績に悪影響を与える可能性があり、市場の不安定要因となることがあります。

【政治的要因】

夏は一般的に政治的なイベントや選挙が少ない時期であり、市場のリスク要因が相対的に低下する場合があります。つまり、政治的な不確実性が少ない時期です。とはいえこれは市場の安定には繋がらない場合が多く、株価のパフォーマンスも停滞傾向が強くなります。

なぜなら、ロングバケーション中の突発的な政治リスクに晒される確率を減らすため、多くの投資家が保守的な投資や行動を取ることが予想されるからです。

夏枯れ相場への対策

夏枯れ相場においては、投資家は以下の対策を考慮することが重要です。

【リスク管理】

取引量が減少し、市場が不安定になる可能性があるため、リスク管理を徹底することが重要です。損失を最小限に抑えるために、適切なポートフォリオの分散を心掛ける必要があります。

【長期投資戦略】

夏枯れ相場は一時的なものであり、市場の基本的な健全性は影響を受けないことが多いです。

したがって、長期的な投資戦略に沿った投資を行うことで、一時的な相場の変動に左右されずに安定した成果を得ることができます。夏場こそ、年末までの市況シナリオを考える絶好のチャンスともいえるのです。

【機会の発見】

夏枯れ相場においても、個別の銘柄や産業には成長の機会が存在します。情報収集に努め、将来的な成長が期待できる銘柄や産業を見つけることで、相場の低迷期でも収益を上げるチャンスも少なからずあるでしょう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。