小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

経理、財務、総務など管理部門で働く人たちのボーナス支給の実態

2023.08.05

職種によってはもらえたり、もらえなかったりする夏のボーナス。では、経理・財務・公認会計士・総務・法務・経営企画など「管理部門」で働く人たちのうち、何割程度が今年、夏季賞与を支給されたのだろうか?

MS-Japanが運営する管理部門・士業の総合転職サービス「MS Career」はこのほど、「管理部門のボーナス支給実態調査2023夏」を発表した。

本調査は、管理部門・士業のためのビジネスメディア「Manegy」にて、経理・人事・法務等の管理部門人材328人を対象に実施したものだ。

管理部門の7割が「支給」、3割が「支給無し」

今年のボーナス有無に関する調査では、管理部門の7割が「支給」、3割が「支給の予定はない」という結果となった。

また、支給額に関する質問では、100万円以上支給されると回答された人の企業規模は、上位3つが「1000人以上」(45%)、「501~1000人」(13%)、「300~500人」(9%)となり、ボーナスの高額支給と所属企業規模の関連がみられた。

納得派は2022冬と比べ約13%減

今年のボーナスへの満足度に関する項目では、「納得」派が約32%、「不満」派が約29%、「どちらでもない」が約19%と、納得派が不満派を上回る結果となった。

一方で、前回の2022年冬のボーナス支給の調査時と比較すると、「納得」派は約13%の減少、「不満」派が約1%の増加となり、昨年冬よりも支給額満足度が低下していようだった。

※「支給されない予定」を含む全328名が回答

半数が「貯蓄」、4分の1が「生活費」に使用

ボーナスの使い道に関する項目では、「貯金」が約半数にのぼって1位、「生活費」が約25%で2位となった。このほか、新型コロナによる行動制限のない夏休みということもあり、「旅行」も2割にのぼる結果となった。

<調査概要>
調査方法:WEBアンケート
調査対象:管理部門職の全国の男女
調査テーマ:「管理部門のボーナス支給実態調査2023夏」
有効回答数:328名
調査実施日:2023年7月3日~7月13日
調査主体:株式会社MS-Japan

出典元:MS-Japan調べ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。