小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

国内企業の4〜6月期決算が今後の株価に与える影響

2023.08.04

三井住友DSアセットマネジメントはこのほど、同社チーフマーケットストラテジスト・市川雅浩氏がその時々の市場動向を解説する「市川レポート」の最新版として、「国内企業の2023年度業績予想~企業の見方と市場の見方」と題したマーケットレポートを発表した。レポートの詳細は以下の通り。

新年度入り後大幅高となった日経平均とTOPIXは足元で上昇一服、この先は企業業績に注目

新年度入り後の日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)の動きをみると、3月31日から6月30日までの期間、順に18.4%上昇、14.2%上昇となった。いずれも大幅高となっているが、特に日経平均の上昇幅は5月、6月とも2,000円以上となり、2カ月連続で2,000円以上となるのは、算出以来、初めてのことだ。ただ、7月に入ると上昇は一服し、6月30日から7月25日まで日経平均は1.5%下落、TOPIXは0.1%下落している。

さすがに5月、6月のような上昇ペースが続いてしまうと、相場の過熱感が高まり、調整時に大幅な株価の下落につながりかねないため、足元でみられるような上昇一服の動きは、むしろ健全なものと考えられる。改めて、ここからの株価の方向性は、企業の業績が重要なカギを握ると思われ、今週から本格化する3月期決算企業による4-6月期決算発表が注目される。

4-6月期決算は総じて良好とみられ、控えめな今年度の業績予想を上方修正する企業もあろう

まず、2023年度の業績予想について、企業自身が公表している数字をみていく。図表1は、TOPIXを構成する3月期決算企業(金融とソフトバンクグループを除く)を対象に、業績予想を公表している企業について、入手できるデータに基づき集計したものだ(5月16日時点)。前年度比の売上高は2.5%増、営業利益は6.8%増、経常利益は2.6%減、純利益は5.1%減となっている。

このように、2023年度については、売上高と営業利益は1ケタ伸びる一方、経常利益と純利益は減益に転じるという、かなり控えめな企業自身の見方が確認される。なお、4-6月期は、円安進行や供給制約の改善、インバウンド需要の回復など好材料も多く、総じて良好な決算が見込まれる。

こうしたなか、2023年度の業績予想を上方修正する企業がどの程度みられるのかが、今回の決算発表における1つの注目ポイントと思われる。

市場の業績予想は改善傾向、企業に業績予想上方修正の動きが広がれば株高基調は強固に

次に、企業業績に対する市場の見方を確認する。図表2は、アナリストのTOPIX構成銘柄を対象とする業績予想の傾向を示す「リビジョン・インデックス」だ。インデックスの上昇は、業績予想を上方修正した銘柄の割合が増えたことを示し、インデックスの低下は、下方修正した銘柄の割合が増えたことを示す。これをみると、直近では、上方修正の割合が増えつつある様子がうかがえる。

三井住友DSアセットマネジメントは、金融とソフトバンクグループを除く408社の業績予想を作成しているが、2023年度の純利益は前年度比で1.7%増を見込んでいる(6月8日時点)。企業自身の予想と単純比較はできないが、緩やかながらも増益傾向は続くと考えている。

新年度入り後、やや期待先行で上昇してきた日経平均やTOPIXだが、この先、業績予想の上方修正の動きが企業に広がれば、株高の基調はより強いものになると思われる。

※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。