小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最高出力507PS、最大トルク770Nm、0-100km/h加速4.1秒を実現したアウディのフルサイズSUV「SQ7」「SQ8」

2023.08.02

アウディ ジャパンは、同社のフルサイズSUV「SQ7」「SQ8」を発表した。販売については、今秋以降より、開始するとしている。

SQ8

SQ8

アウディのQ7/Q8は、大都会から大自然まで、生活のあらゆるシーンに存在感を放つ、多才なQシリーズのフルサイズSUVとなる。

2006年に日本でデビューした初代Q7は、スポーツ性とラグジュアリー性を高次元で融合するとともに、7人乗り3列シートを採用、時代を先取りしたフルサイズSUVとして世界各国で人気を博し、2016年に2世代目へのフルモデルチェンジを経て、今なお、進化を続けている。

一方Q8は、よりスポーティでラグジュアリーなモデルを志向するユーザーに向けて新たに開発した、クーペスタイルのSUVモデルとして、日本では2019年にデビューした。

SQ7

SQ7

その2車種のフルサイズSUVに、スポーツグレードのSモデルが日本初登場。このSQ7/SQ8は、ともに高性能なスペックに加え、エクステリアデザインはS専用ラジエーターグリルやフロントバンパー、左右4本出しのテールパイプを採用し、ダイナミックな印象を与える。

4.0L V8ツインターボエンジン、シリンダーオンデマンドを組み合わせ高性能・高効率を両立

SQ7

そしてSQ7/SQ8両モデルともに、4.0L V型8気筒ツインターボエンジンの4.0 TFSIを搭載。その最高出力は507PS、最大トルク770Nmを達成し、0-100km/h加速は4.1秒の駿足を誇る。

その一方で、エンジンの低負荷時に8つのシリンダーのうち4つのシリンダーを休止させるシリンダーオンデマンド(cod)や8速ティプトロニックを組み合わせることにより、高性能と高効率をバランスよく両立。駆動方式はquattro四輪駆動となる。

SQ7

SQ7

さらにSQ7には、21インチ5スポークブレードデザインのAudi Sport製アルミホイールを、またSQ8には22インチ 5Yスポークデザインのアルミホイールを標準装着。両モデルともに、縦の2本バーを強調したS専用ラジエターグリルやブレードが際だつ専用フロントバンパー、さらに左右4本出しのテールパイプを採用。

SQ8

インテリアには、Sのロゴが記された上質な肌触りを特徴とする、環境負荷の低い人工皮革ダイナミカとレザーを組み合わせたスポーツシートやブラックのヘッドライニング、S専用ビューを備えたアウディ バーチャルコックピットを採用している。

SQ8

SQ8

なお、両モデルともに、オールホイールステアリングを標準装備。このオールホイールステアリングは、低速では前輪と後輪を逆向きに切ることで回転半径が縮小して取り回しを向上させる一方、高速では前輪と後輪を同じ向きに切ることで安定感のあるハンドリングを実現。

さらに、よりスポーティなチューニングを施したSアダプティブエアサスペンションにより、あらゆる路面状況で快適性とダイナミックな走りを両立する。

また、オプションで、後輪左右にかかる駆動力の配分を、路面状況に合わせて最適になるように常時変化させるリヤスポーツディファレンシャルと、電子制御でコーナリング時のロールを抑制するアクティブスタビライザーを用意している。

【メーカー希望小売価格】

関連情報:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html

構成/土屋嘉久

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年5月16日(木) 発売

新NISAで狙え!DIME最新号は「急成長企業55」、次のNVIDIAはどこだ!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。